《残り時間と簡単な説明》

時間がありません!地域猫たち20匹を緊急保護へ・・・・

御訪問頂きありがとうございます!

地域猫達を保護し、のら猫ゼロの街を目指したいと思います

私の残りの人生は保護猫活動に尽力する事です。応援してくださる方がいる限り 1頭でも多くの外猫達を救っていく事で恩返しになると思っております。

長い文章ですが、最後までお読み頂き このプロジェクトに御賛同頂けたらと思います。

地域猫を緊急レスキュー!☆のら猫ゼロの街を目指して!spc16

by 橋本 しのぶ

  • ¥2,019,300

    目標金額
  • ¥482,000

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
23.87%
このプロジェクトは無効であるか、まだ開始されていません。
プロジェクト開始時目標金額:2,500,000円, 日本

橋本 しのぶ

4 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

https://1510nennneko.jimdosite.com/

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

餌場として借りている古民家が11月にも取り壊しに。支援を募ります!

1510(一期一縁)ねんねこ保育園】は2021年6月に開園した保護猫施設です

現在 不妊化し、見守っている地域猫たちの餌場として借りている古民家(名古屋市)が遅くとも11月には取り壊しになります。20匹ほどいる猫たちを当園で保護したく動いています。
ただ地域猫達を保護するにあたり 他の保護猫同様 初期医療費がかかります。不妊化している子が大半なので避妊去勢手術は不要ですが、猫白血病や猫エイズウィルス検査、パルボチェックや駆虫  健康チェック、そして検査時の麻酔薬費(のら猫なので病院で荒ぶると思われます)に1匹25000円くらいはかかりそうです。
万が一、疾病などあれば できる限りのことはしてあげたい。保護後の医療費、運営費確保をしたくクラウドファンティングに踏み切りました。

■【2019年3月~地域猫活動スタート】地域猫たちを緊急保護しようと思った理由

 

もともとは古民家に住む高齢者の方がいついた野良猫に餌やりをしていたことから始まります。近隣の住民から「餌やりするな」と言われていた猫たちです。高齢者の方が体調を崩して親族の家に引き取られると 猫の糞尿被害に訴えていた近隣の住民は これ幸い高齢者の方に餌やりを頼まれていた方に『餌やり禁止』と言い、禁じました。

私が気づくまでに亡くなった子もいました。残された子たちを何とかできないかと調べたところ、地元の名古屋市には野良猫を地域で見守っていく地域猫活動を支援する制度があることを知り、古民家の野良猫たちの不妊手術などを実現。地域猫として私たちが見守りながら餌やりを再開することができました。とはいえ、「いつまで餌やりを続ける?」と近隣の住民からの理解を得られず、また古民家が取り壊しとなり地域猫たちの居場所がなくなることもあるため、今回緊急保護することを決意しました。

 

■【地域猫の保護のため必要なこと】譲渡を進めていく、新たに部屋を借りる

保護予定の地域猫たちは、元気で人馴れした子もいれば、人見知りの子や弱ってしまった子などさまざまです。新たに保護猫を受け入れるためには子猫を優先的に譲渡を進め、保護依頼主様の協力も得ながら譲渡サイト等を利用しています。
また新たに部屋を借りることを検討しております。それは健康の子と病気の子を隔離することはもちろんのこと、部屋数が増えれば猫の隔離期間や感染対策もこれまで以上に万全になり、猫たちがのびのびでき、ストレスやストレスによる病気も減ります。過酷な外猫生活を送ってきた猫たちのためにお腹いっぱいご飯を食べさせ、毎日を平穏無事に過ごしてほしい…ただそれだけの思いです。

■【ねんねこ保育園の紹介】2021年6月に開園した地域密着型の保護猫施設です

当園は地域の元野良猫を主に受け入れ、このほか飼い主様の事情で引き取った猫など60匹ほどいます。2部屋あり、健康な子と病気の子を分けて“保育”しております。病気の子たちは、腎臓病を患った1歳のコトラくん、同じく腎臓病と目の下に腫瘍のあるヤチヨさん(年齢不明)、エイズキャリアのシバくん(年齢不明)など10匹ほどが闘病中です。健康な子に関しては譲渡を進めて参りますが、病気の子や人馴れしない子については終生飼養を目指します。

■【地域猫保護後の活動について】新生ねんねこ保育園を目指す

地域猫たちの保護が完了したら 常に「保護→譲渡」を循環させていくことを目指します。例えば、地域の生涯学習センターやコミュニティセンターなどに出向き積極的に譲渡会を開く予定です。また現在の保育園の隣にある空家を借りて、誰もが出入り可能な地域開放型保護施設をつくり地域住民の方々が保護猫たちと接する機会をつくっていけたらと考えています。

 

のら猫ゼロの街を目指して』

名古屋の片隅で生活している地域猫を保護する事により のら猫がゼロになる街を目指して町内全体の問題として町内会に掛け合う予定でおります。

 

 

 

 

集まった金額の使途

※地域猫を保護するにあたり必要な初期医療費(1頭)

パルボ検査費 2,200円  猫白血病、猫エイズウィルス検査費 3,300円  3種混合ワクチン 3,300円 駆虫薬 1,700円 麻酔費用5,000〜9,000円

20頭近く生息しておりますので40万円近くかかってしまいます。

キャリア組や保護後の隔離に必要な備品等

※ケージ 10台購入費 110,000円

※キャットタワー2台 30,000円

※食器、トイレ等購入費 20,000円

※エアコン2台購入費 160,000円(工事費込)

※衛生用品・掃除道具購入費  50,000円

※保護猫活動費(今後の医療費含)

保護後に必要な初期医療費

パルボ検査費 2,200円                                       猫白血病、猫エイズウィルス検査費 3,300円  3種混合ワクチン 3,300円                                 駆虫薬 1,700円

 

応援してくださる皆様がオーナーの保護施設です

この数年 叱咤激励してくださる皆様や御支援物資や御寄付を送ってくださる皆様は ねんねこ保育園のオーナー様として支えてくださっていると思っております。ですので御意見などは遠慮なく仰って欲しいと この場をお借りしてお願い申し上げます✨

直接の送金先

また、当サイト以外でも口座やPayPayでの直接の御寄付を賜っております。御寄付頂きました金額は全てクラウドファンディングへ合算されますので御安心ください。

口座やPayPayでの確認が取れ次第Twitterや当サイトの活動報告にてお知らせさせて頂きます

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

1510ねんねこ保育園 園長 橋本しのぶ

リターン

¥1,000

1000〜2900円
御礼のメール
不要な方はリターン不要とメッセージください

リターンは無効です。
11 支援者

¥3,000

※御礼のメール
※これから保護する猫達の名付け親🐾
(メッセージ欄に希望の名前を記載ください)
※名前が重複する可能性もありますが、猫の名前はTwitter内で報告いたします。記載がない方はお名前か、ニックネームからヒントを頂きます♪
不要な方はリターン不要とメッセージください

リターンは無効です。
12 支援者

¥5,000

※御礼のメール
※これから保護する猫達の名付け親🐾
(メッセージ欄に希望の名前を記載ください)
※名前が重複する可能性もありますが、猫の名前はTwitter内で報告いたします。記載がない方はお名前か、ニックネームからヒントを頂きます♪
※第二弾おりんさん作成 未公開作品含む手作り冊子、ハンカチ1枚 猫ポーチ!35名様限定

リターンは無効です。
20 支援者

¥10,000

10000円以上のリターン品になります
御礼のメール、保護した猫の名付け親🐾

※第二弾おりんさん作成 未公開作品含む手作り冊子、ハンカチ1枚 35名様限定

※ねんねこ保育園キャラクター ボールペン(40名様限定)&ポーチにもなる ねんねこ保育園オリジナルマスクケース(柄は変わります)
配信での毎月のねんねこ通信

リターンは無効です。
26 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“地域猫を緊急レスキュー!☆のら猫ゼロの街を目指して!spc16” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です