《残り時間と簡単な説明》

プロジェクト終了まで…残り


はじめまして、都内で会社員をしております伊丹と申します。

当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

今年2月保護猫の「豆太郎」と家族になり、一人と一匹で楽しく過ごしていたある日、

突然「食欲不振・下痢」の症状が現れかかりつけ院でFIPと診断されました。

不治の病とされておりましたが、近年では未承認薬のMUTIANで治療することで寛解できる可能性とても高く(国内生存率 82.2%)たくさんの猫ちゃんたちが助かっています。

薬そのものが未承認で高価であることに加え、最低84日間は投薬を続けなければいけなく、100万円以上の医療費用がかかります。

飼い主として万が一の事態にしっかり備えてあげられていなかったことを本当に申し訳なく思います。

ですが、豆太郎に1日でも早く元気になってもらい、1日でも長く家族でいて欲しい。

新薬での治療を諦めることはできません。

豆太郎を助けるためにどうかご支援をお願いいたします。

保護猫「豆太郎」のFIP(猫伝染性腹膜炎)治療のため、ご協力をお願いいたします!c92

by 伊丹 真理子

  • ¥342,360

    目標金額
  • ¥135,000

    支援金額
  • 8

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
39.43%
最小金額は¥1000 最大金額は¥
¥
プロジェクト開始時目標金額:519840円, 日本
真理子伊丹

伊丹 真理子

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

プロジェクトの目標・実現したいこと・立ち上げた理由

このプロジェクトの目標は、豆太郎のFIP寛解、そしてFIPをもっと多くの人に知っていただき発症してしまった猫ちゃんたちの希望になることです。
下記にそれぞれの詳細をまとめさせていただきます。

1.豆太郎のFIP寛解

少しづつ食べる量が減っていき、2022/4/15(投薬開始前日)には食べる量が1口2口に。

夕方ごろ水下痢が出て「これはまずい」と思いかかりつけ院に連れて行きました。

レントゲンではっきりと腹水が見え、血液検査もFIPの傾向が見られたため腹水をPCR検査に回しました。検査結果を待たずとも、FIPであることは間違いないと診断を受けました。

まだ一緒に過ごして2ヶ月目、豆太郎の猫生は6ヶ月目、なぜ豆太郎がこんな病気に、と辛い気持ちになりました。

病気について調べていくうちに進行がとても早いこと、検査結果を待っている時間も命に関わることを知り、不安でいてもたってもいられませんでした。

なんとか助ける方法はないか調べ、日本未承認のMUTIANにたどりつきます。

過去に治療された方を見ていても100万円以上の高額な治療になることは確かでした。

ですがまだ幼く、保護猫出身で既に辛い思いをしてきている豆太郎を絶対に救いたい。

その一心で治療を決意し、次の日に協力病院を受診し、FIP混合タイプ初期と診断され、投薬を開始しました。

そして投薬開始3日後にかかりつけ院からPCR検査の結果が届き、陽性であることがわかりました。

大変お恥ずかしいのですが、自費で負担できるのが75万円までで、全額賄うことができません。

飼い主として万が一の事態にしっかり備えられなかったことがとても心苦しいのですが、

豆太郎のためにみなさまのお力を貸してください。

2.FIPをもっと多くの人に知っていただき、FIPを発症してしまった猫ちゃんたちの希望になる

FIPと診断されたとき、目の前が真っ暗になり絶望的な状態でした。

しかしSNSを通して寛解までの過程を発信してくださっている方々を発見し、MUTIANという治療薬があることを知り、希望の光が見えました。

豆太郎と共にFIP寛解へ進み、その姿が将来FIPが発症してしまった猫ちゃんたちにとっての希望になればと思います。

これまでの活動

2022/4/13

少し食欲がない様子カリカリを食べなくなり、味に飽きたのかなと思い他の種類を購入しました

2022/4/14

種類を変えても食べず。

ウェットフードやおやつは食べるので歯が痛いのかな?と思っていました

(この頃乳歯が3本ぐらい抜けたばかりでした)

https://static.camp-fire.jp/uploads/editor_uploaded_image/image/2332376/IMG_8935.jpg?ixlib=rails-2.1.4&fit=max&auto=format

2022/4/15

水下痢が出てしまい、まずいと思いかかりつけ院へ。
FIPと診断されるもこちらでは治療ができないとのことだったので、自分で調べ最寄りの協力病院へ次の日(夜の11時ごろだったため)朝イチで電話することを決めました。
豆太郎はいつものように私の足の間で眠っていましたが、ぐったりしていました。

2022/4/16

「ご飯を食べなくなってしまう方が危険なので、おやつでいいのであげてください」そう言われてたくさん買ったかつおぶしとチュールが届きます。
チュール2本と、かつおぶしのおやつ1本、ウェットフードを食べました。
昨日腹水を抜いてもらったからか少し元気な様子で、ご飯も持っていけば食べてくれましたが、やはり日中はぐったりしています。
夜にMUTIANの協力病院へ行き検査・処方をしてもらい、この日から投薬をスタートしました

https://static.camp-fire.jp/uploads/editor_uploaded_image/image/2332379/IMG_8826.jpg?ixlib=rails-2.1.4&fit=max&auto=format

2022/4/17

投薬1日目、15・16日よりは元気になり活動的な時間が増えましたですが食欲は引き続き普段より低く便も泥状の下痢です

これ以降は活動報告や、twitter・instagramにまとめていきます

twitter : @mametaro_desu
instagram : @mametaro_desu

ご支援金の使い道

資金は全て豆太郎の治療費に当てさせていただきます。

ゴールの519,840円は、「合計金額::1,269,840円ー自己負担:750,000万円」をもとに設定させていただきました。

!ゴール金額は直接いただいた支援を随時差し引かせていただくため、減る可能性があります。

豆太郎のためにどうか支援をお願いいたします。

▼治療費内訳

1.薬代

https://static.camp-fire.jp/uploads/editor_uploaded_image/image/2332281/f1ab41a07042eb641bfe76ba6838902a.png?ixlib=rails-2.1.4&fit=max&auto=format

薬の量は「体重×病状」で計算され、薬の単位は50mgづつです。豆太郎の場合「体重3.3×混合タイプ1.5×10=繰り上げて500mg」が1日の薬の量で金額は13,200円です。

投薬期間は

84日間(12週間)が必須

で、

回復に伴う体重増加と比例し薬の量も増えていきます。

最小限の増加で計算しても薬代だけで1,201,200円かかります。

▼参考資料

!予備分含め薬は8日分処方していただいていますが、皆様からいただくお金には予備分は含まれておりません。7日分で計算した金額です。

2.その他検査費

投薬に加え2週間に1回、病状を検査する必要があります。検査内容は「血液検査・超音波検査」で8回検査をするため合計68,640円かかります。

!こちらに交通費は含まれていません

▼参考資料

3.合計金額

薬代とその他費用を合わせると合計で1,269,840円。自費で負担できる金額が750,000円なため、519,840円足りない状況です。

飼い主として万が一の事態にしっかり備えてあげられていなかったことを本当に申し訳なく思います。

ですが、治療法がわかった今、諦めたくありません。

豆太郎にまだ元気でいて欲しい、たくさん楽しいことをして欲しい、まだまだ一緒にいたいです。豆太郎の未来のため、どうかみなさまのお力を貸してください。

!万が一治療を中断するようなことがあれば残ったお金はFIPと闘病している他の猫ちゃんへの寄付・豆太郎と同じような保護猫たちを助けるNPO法人様に寄付させていただこうと思います。

リターンについて

僅かではありますが、ご支援いただいた皆様に感謝を込めてリターンをさせていただきます。

支援金を少しでも多く豆太郎の治療費に使わせていただくため、できるだけ自分の手で行います。

リターン時期に関しましては治療が落ち着き、プロジェクトが終了してリターンの数が確定してから順次対応させていただきます。

お返しの時期が遅くなってしまうこと、何卒ご理解いただけますと幸いです。

  • SNSでのお礼投稿
  • メールでのお礼メッセージ

実施スケジュール

2022/04/16 : 協力病院受診、再検査と投薬開始

2022/04/23 : 1週間目の検査と、薬の追加購入(豆太郎の体調が悪かったため、受診と一緒に検査もしてもらいました)

2022/04/30 : FIP治療薬の追加購入

2022/05/07 : 3週間目の検査・FIP治療薬の追加購入

2022/05/14 : FIP治療薬の追加購入

2022/05/21 : 5週間目の検査・FIP治療薬の追加購入

2022/05/28 :FIP治療薬の追加購入

2022/06/04: 7週間目の検査・FIP治療薬の追加購入

2022/06/11 : FIP治療薬の追加購入

2022/06/18: 9週間目の検査・FIP治療薬の追加購入

2022/06/25 : FIP治療薬の追加購入

2022/07/02: 11週間目の検査・FIP治療薬の追加購入

2022/07/09 : 12週間目の検査→経過観察開始

2022/08/10:リターン発送予定

2022/4/30日以降の予定は病状によって変化する可能性があります。

その際には活動報告やSNSにてお伝えさせていただきます。

twitter : @mametaro_desu

instagram : @mametaro_desu

おわりに

まず、最後まで読んでいただきありがとうございます。

豆太郎を守るための備えができていなかったこと、本当に申し訳なく思います。豆太郎ごめんね。MUTIANでの治療法でほぼ寛解することがわかっている以上、豆太郎とこれからも家族でいることを諦めたくありません。

みなさんのお力をお借りして、FIP寛解を目指し治療をさせていただきたいです。

重ねて支援のお願いをさせていただきます。

そしてみなさまからの支援で豆太郎がFIP寛解をした際には、FIPという病気を知ってもらったり、治せる病気なんだということを発信し、私と同じように希望が見えなくなってしまっている人の助けになれればと思います。

みなさまのご協力に心から感謝いたします。

リターン

¥1,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

4 支援者

¥3,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

5 支援者

¥5,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

5 支援者

¥10,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

1 支援者

¥30,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

1 支援者

¥50,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

1 支援者

¥100,000

感謝の気持ちを込めて、豆太郎の写真を添えたお礼のメールをお送りさせていただきます.

0 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“保護猫「豆太郎」のFIP(猫伝染性腹膜炎)治療のため、ご協力をお願いいたします!c92” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です