《残り時間と簡単な説明》

プロジェクト終了まで…残り

 

生後3か月の小さな体でパルボウイルスを乗り越えた奇跡の保護猫兄妹てんとぜん。致死率ほぼ100%のFIPという難病を、てんが発症しました。唯一助けられる可能性が高いのが日本では未承認の治療薬(GS、MUTIAN)という薬ですが、非常に高価な薬です。

治療薬は84日間毎日同じ時間に投与することが必須で吐いたり、1時間でも投与が遅れてしまうと1日目から投与をやりなおしとなってしまいます。

小さな体でもパルボウイルスを跳ね除けることの出来る生きる意志の強い子です。治療を継続することで必ず寛解させてあげることができると信じています。84日分の薬代を用意するためどうかお力を貸していただけないでしょうか。

※11/20終了 致死率約100%【FIP】を発症した愛猫てんちゃんの命を助けたい!ご支援お願いしますc57

by tenandzen

  • ¥737,940

    目標金額
  • ¥751,971

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
100%
プロジェクトが成功しました。
プロジェクト開始時目標金額:1,200,000円, 日本
アバター

tenandzen

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

はじめまして。数多くあるクラウドファンディングの中から、こちらのページを見ていただき、誠にありがとうございます。

愛知県在住のtenandzenと申します。

 

活動報告はこちらから↓

tenandzen 活動報告

 

はじめに

保護猫兄妹てんちゃん、ぜんくんを迎え入れ家族になるまでに。

道路の雨水が流れていくための穴の所に居るところを名古屋で猫の保護活動をされている優しいご夫妻に保護されました。
しかし、2匹ともパルボウイルスという致死率の高い感染症に感染していたのです。

猫パルボウイルス感染症とは

猫汎(はん)白血球減少症、猫伝染性腸炎とも呼ばれます。原因となるウイルスはパルボウイルスで、環境中での耐性はかなり強く、糞便とともに体外に排出されても数カ月から数年ほど生存し強い感染力を維持します。感染すると死亡率が高く、他の個体へも爆発的に感染が広がります。

パルボウイルスは分裂している細胞で増殖するので、細胞分裂速度の速い腸や骨髄、リンパ組織(免疫に関与する場所)などで増殖し、それに伴い症状が現れ、高い致死率を示します。

ただ、パルボウイルス感染から回復した動物は生涯パルボウイルスに対する免疫を持つこととなります。

ぜんくんの発症が先に起こり、隔離して細心の注意を払って生活していただいていましたが結局てんちゃんにも感染してしまいました。                                    m5

このころはご飯も食べられない状態が長く続き、なかなか思うように回復が見られず衰弱していき獣医師さんも半ば諦めかけていたのですが、元々生きる意志を強く持っていたようで、なんと2匹とも奇跡的に回復し、完治させたことでパルボウイルスの免疫を獲得した奇跡の兄妹です。
大切に育てて下さった保護主さんご夫妻に心から感謝です。

そして、3月上旬。我が家にトライアルに来てくれました。                      好奇心旺盛で天真爛漫なてん、人見知りで神経質なぜん。対極な魅力を持った2匹。

2週間ほどの予定でしたが、すぐに家族全員虜となり正式に家族として楽しく毎日を過ごしていたのですが…

 

てん FIP発症

しばらく経った8月中旬。てんちゃんがFIPと診断されました。

気がかりな症状がまず左目に出ました。兄妹のじゃれあいでケガしたのかなと思いしばらく様子見していましたが瞬膜が出ている状態が長くなり、充血も確認でき日に日に食欲がなくなっていくと流石に心配になりかかりつけの動物病院で診察を受けるとブドウ膜炎と診断されました。点眼薬と抗生剤、抗炎症剤を処方してもらいましたが、FIPの疑いもあり血液検査も受け、1週間後に検査結果を受け取るとFIPの可能性が非常に高いという結果と突き付けられてしまいました。

FIPとは

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫、特に子猫の命に関わる重篤な疾患です。確定診断が困難で、効果的な治療がわかっておらず、予防法も確立されていない、猫にとって最も恐ろしい疾患ともいえます。発症した場合は亡くなる可能性が非常に高い疾患です。

FIPの発症には次のような種類があります。

  • 腹水または胸水の貯留:これは「滲出型(ウェットタイプ)」と呼ばれます
  • 内臓に肉芽腫を形成:これは「非滲出型(ドライタイプ)」と呼ばれます

てんちゃんはウェットとドライの混合タイプである可能性が高いとのこと。不幸中の幸いか、ドライタイプの特徴としてウェットタイプに比べると進行が遅いことです。

悲しい現実を突き付けられたとき誰もが思うと思います。まさかうちの子に限って、、、せっかくパルボウイルスを乗り越え、ほんの数日前まで元気で楽しそうに過ごしてくれていたのに。
しかしながら辛くとも重たくとも現実です。受け止めたうえで向き合わなくてはなりませんドライタイプといえどもFIP自体は進行も早いです。神経にまで症状が出てしまったら後遺症が残ってしまいます。目の症状も放っておいては失明してしまいます。悲しんでいる暇はありませんでした。

 

治療と闘病

現在FIPのお薬は日本では未承認であり、大変高額です。てんの治療にはMUTIANと同成分のGSタブレットCHUANFUINGを84日間投与することになりました。本来ならば全額を私達で払うべきなのですがあまりに高額で私達だけで全てを捻出するのは厳しい状況です。現在すでに治療が始まっており以下の金額が必要となります。

4,500円×3錠=13,500円/1日

13,500×14日=189,000円

4,500円×2錠=9,000円/1日

9,000円×70日=630,000円

検査及びサプリメントその他投薬代15,000円×20回=300,000円

体重増加分の増量見込みとして4,500円×30日=135,000円

合計1,254,000円

PayPay等直接ご支援いただいた分は随時目標金額より差し引かせていただきます。もしも目標金額を上回るご支援を頂戴できた場合は超過分を同じように闘病され頑張っている猫達のため役立てることができればと考えております。

 

小さな体でパルボウイルスを乗り越えた強い子です。治療さえ継続させてあげることができれば必ず寛解できると信じています。みなさまのお力で救える命があります。身勝手なお願いであることは重々承知しておりますが、生きる意志を強く持った大切な家族を救う機会をください。どうか、温かいご支援のほどよろしくお願い致します。

 

・現在の体重と投薬開始日

現在の体重 2.9㎏

投薬開始日 2021年8月28日

かかりつけの動物病院にてビクタスとプレドニンの処方とインターフェロンの注射と並行し、

当面(14日間)はGSタブレットのCHUANFUINGという薬を1日1回3錠決まった時間に投与していく予定です。

今後のスケジュールについては投薬量や日数をCaFelierの小林先生とご相談の上進めていく予定です。

詳細が決まりましたら活動報告よりご報告、進捗の掲載をさせて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

 

リターン

¥500

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
1 支援者

¥1,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
35 支援者

¥3,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
23 支援者

¥5,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
24 支援者

¥10,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。寛解後にてんちゃんグッズを作成する予定ですのでそちらを送らせて頂きます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
22 支援者

¥30,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
5 支援者

¥50,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。また寛解後にてんちゃんグッズの作成を致しますのでそちらを送らせて頂きます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
1 支援者

¥100,000

てんの写真を添えてお礼のメールをさせていただきます。また寛解後にてんちゃんグッズの作成を致しますのでそちらを送らせて頂きます。リターン不要の方はコメント記入欄にその旨明記をお願いします。

プロジェクトは終了しました
1 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“※11/20終了 致死率約100%【FIP】を発症した愛猫てんちゃんの命を助けたい!ご支援お願いしますc57” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です