《残り時間と簡単な説明》

はじめまして。多数のプロジェクトの中から本プロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。

チャムちゃんの飼い主の江口と申します。まだ、1歳にもなってないチャムちゃんをどうにか助けてあげたい。これからも一緒に過ごしたい。その思いで、本プロジェクトを立ち上げました。

日本ではFIPの治療方法は確立されておらず、ステロイドによる食欲増進や、輸血による貧血の改善など、対処療法しかないとのことでした。

ただ、どうしても諦めることができず必死に調べたところ、未承認ですが寛解できた(症状が和らいだ)という治療薬があることがわかりました。

チャムちゃんを助けるために皆様のお力をお貸しください。

※8/31スタート FIP(猫伝染性腹膜炎)を発症した子猫をどうか助けてください。c56

by 江口 和志

  • ¥350,000

    目標金額
  • ¥11,000

    支援金額
  • 22

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
3.14%
最小金額は¥1000 最大金額は¥
¥
プロジェクト開始時目標金額:350,000円, 日本

江口 和志

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

はじめまして。多数のプロジェクトの中から本プロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。

チャムちゃんの飼い主の江口と申します。

2021年1月10日生まれのトンキニーズです。

最近7ヶ月になりました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

まだ、1歳にもなってないチャムちゃんをどうにか助けてあげたい。

これからも一緒に過ごしたい。

その思いで、本プロジェクトを立ち上げました。

 

日本ではFIPの治療方法は確立されておらず、ステロイドによる食欲増進や、輸血による貧血の改善など、対処療法しかないとのことでした。

 

ただ、どうしても諦めることができず必死に調べたところ、未承認ですが寛解できた(症状が和らいだ)という治療薬があることがわかりました。

この薬を使った治療としては84日間投与したのち、さらに84日間の経過観察を行うといったものです。

 

しかし、この治療薬自体が承認されている薬ではないため、高額な治療費がかかってしまいます。

今後の治療費の確保の心配はあるもののワラにもすがる思いで自費での治療を開始しました。

 

↓治療を開始する直前のチャムちゃん

 

 

 

正直なところ薬に対して「奇跡的に効果があればよい」くらいに思っていたのですが、投薬5日目にして歩くことができるようになり、体重も1.1キロ→1.3キロまで増えました。

 

なんとか、この治療を続けたいと思うのですが、体重が増えると薬の量が増えるため、費用の捻出が難しくなっていきます。

 

本来飼い主である私自身がなんとかしていかなければならないのですが、自己資金のみでは治療が困難になる見通しです。

 

今後も治療を続けるためにも、どうか皆様のご支援を頂きたいです。

 

↓少し元気になったチャムちゃん

 

 

 

↓今は薬が効いているので体調も落ち着き、安心して寝ています。

 

今回の新薬は皮下注射を行うタイプなので84日間ともなるとかわいそうとも思いましたが、一年にも満たない命を終わらせるほうがかわいそうだと思い、心を鬼にして投薬を進めています。

 

これまでの活動

チャムちゃんと出会ったのは2021年の6月でした。

保護猫としてペットショップにいたチャムちゃんに出会って直感でこの子と暮らしたいと感じ、その2日後には迎え入れてしまいました。

 

その時から分かりづらいですが目に濁りはありました。

 

↓我が家にきた当日のチャムちゃん

 

 

家に来たときもおとなしかったのですが、その後もどんどん元気がなくなり、食欲もなくなって来ました。

近くの動物病院で診てもらったところ、その時は猫風邪という判断となり、抗生物質を処方してもらいステロイドで食欲を増進と点滴で水分補給してもらいました。

 

しかし、元気になる気配はなく6月末には体重が1.1キロ(本来2キロくらい)と痩せてしまい、歩くこともままならなくなってしまいました。

 

近くの病院でエコーなど撮った結果、腎臓に影が見えることから急遽、大学病院で診察を行ったところ、FIP(猫伝染性腹膜炎)との診断を受けました。

 

大学病院の先生の説明では、現在確立された治療法はなく、余命は数日から長くても一年との説明を受けました。

 

 

診察時は目も虚ろで、極度の貧血と脱水でぐったりして、動くこともできなくなっていました。

 

そのため、輸血と点滴、ステロイドによって少しだけご飯を食べてくれましたが、元気は戻りませんでした。

ただ、どうしても助けたいという思いから、資金の不安なあるものの自費での投薬を開始しました。

以下が診断までの経緯です。

2021年6月6日

保護猫としてチャムを迎え入れる。
※このときから眼にぶどう膜炎の症状がありました。

2021年6月14日

家に来てからずっと体調が悪く食事も全く摂らないため、近くの動物病院へ。
このときは猫風邪との診断。

2021年6月21日

体調が一向に良くならず再診。
抗生物質を少し強いものに変更。

2021年6月23日

嘔吐したため通院。
他の病気の疑いもありと告知を受ける。
歩行が困難になる。

2021年7月3日

エコーや血液検査を実施。
貧血や、腎臓肥大が見られるため、精密検査を受けられる大学病院の推薦を受ける。
生後6ヶ月にも関わらず体重が1.1kgしかない

2021年7月8日

大学病院にて、精密検査。
診断の結果、ドライタイプのFIP後期と診断される。

2021年7月11日

診断直後に自分で調べ、新薬の存在を知ったため藁にもすがる思いで1瓶購入。
動物病院にも協力いただき、投薬開始。

2021年7月13日

少し元気が出てきた。

2021年7月14日

少し走れるようになってきた。

2021年7月17日

階段の登り降りができるようになった。

2021年7月20日

体重が1.4kgになった

2021年8月9日

ついに体重が2.0kgになった。

2021年8月10日

経過観察のため、動物病院で血液検査。
重度の貧血だったのが少し改善してきており、確実に薬が効いていると言っていただけた。

現在、体調も良くなり動けるようになってきましたが、正直資金面が厳しくなってきました。

 

▼FIP(猫伝染性腹膜炎)とは

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウィルスが原因となり、腹膜(胃や肝臓など臓器の表面とそれらの臓器がおさまっている腹腔を包んでいる膜)に炎症が起こる病気です。

このウィルスに感染しても猫伝染性腹膜炎が発症しないこともありますが、一度発症してしまうと完治が難しい病気です。

現在のところ、確立された治療法はなく、ほとんどの猫ちゃんが数か月と生きられない大変危険な病気です。

FIPには進行がとても速く、おなかに水がたまるなどの症状がみられるウェットタイプと、

腎臓などに肉芽腫ができることが多いドライタイプの2種類が存在し、どちらかもしくは両方の症状が現れます。

チャムちゃんはFIP診断の時点でドライタイプの末期との診断を受けました。

症状としては、ブドウ膜炎・後ろ足神経症状・食欲がない・元気がない・腎臓肥大・肉芽腫・貧血です。

最終的には歩くこともできなくなっていました。

 

 

▼資金の使い道

 

全額チャムちゃんの医療費に充てさせていただきます。

 

目標金額:350,000円

 

受取金額の使いみちとして

 

①治療薬として : 9,400円×22瓶=206,800円

・現在の体重の増加推移として4日につき120g増加しているため、

129.09mlの薬が必要となり、129.09ml÷6ml(1瓶)=21.5となるため最低でも22瓶必要となります。

②診療費 : 150,000円

・現在検査などで約12,000円発生しており、今後も経過確認の診察などもあるため、最終的に150,000円ほどかかる見込みです。

③その他

・注射器や消毒薬が50,000円程度必要になります。

※治療の経過によっては追加の治療薬が必要になる可能性もありますが、最低限必要となる費用のみ設定させていただきました。

 

 

▼リターンについて

チャムちゃんの治療完了を目途に発送させていただきます。

治療開始日:2021年 7月 11日
治療終了日: 2021年 10月 2日
発送予定:2021年11月発送開始

心ばかりではありますが、感謝の気持ちを込めたお礼のメールや、チャムちゃんの写真を使ったポーチ、マグカップ、缶バッジなどを送らせていただきます。

 

チャムの状況は活動報告として随時報告させていただきます。

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

支援者の皆様から頂いた支援金をチャムちゃんの治療費に使わせていただき、FIPの寛解を目指します。

万が一治療中にチャムちゃんが亡くなってしまった場合でもご返金できないことをご了承ください。

 

その場合は、他の猫ちゃんの資金提供等に充てさせていただきます。

 

 

↓お気に入りの魚のだきまくらとチャムちゃん

 

 

 

▼さいごに

 

チャムちゃんを救うため、どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

リターン

¥3,000

□3000円
●感謝の気持ちを込めたお礼のメール
●チャムちゃんの写真データ1点
※リターン不要の際はお申込み時の注文メモ欄に”リターン不要”とご記入ください

3 支援者

¥10,000

□10000円
●感謝の気持ちを込めた自筆のお手紙
●チャムちゃんの缶バッジ
※リターン不要の際はお申込み時の注文メモ欄に”リターン不要”とご記入ください

0 支援者

¥30,000

□30000円
●感謝の気持ちを込めた自筆のお手紙
●チャムちゃんのポーチ
●チャムちゃんの缶バッジ
※リターン不要の際はお申込み時の注文メモ欄に”リターン不要”とご記入ください

0 支援者

¥50,000

□50000円
●感謝の気持ちを込めた自筆のお手紙
●チャムちゃんのマグカップ
●チャムちゃんの缶バッジ
※リターン不要の際はお申込み時の注文メモ欄に”リターン不要”とご記入ください

0 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“※8/31スタート FIP(猫伝染性腹膜炎)を発症した子猫をどうか助けてください。c56” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です