《残り時間と簡単な説明》

7/1、FIP治療を開始しました!

※治療の準備のため、病院で背中の毛を剃ってもらいました。

 

全国各地からご支援いただき、本当にありがとうございますm(__)m

治療の日々は辛く苦しいですが、皆様のご支援が励みになって頑張れます。

支援者の方には、プロジェクト終了後(9月末)、心からのお礼メールと元気になったポーの最新画像などを送らせていただきます。

 

<ご挨拶>岐阜県各務原市で犬猫の保護活動をしています。今回、老夫婦から預かった、キジトラの2才の保護猫「ポー」が、FIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されました。今はまだ元気ですが、このままでは亡くなる可能性も高く、何とか助けてあげたいです。

どうか、罪のない動物達の為、まだ若い2才の成猫ポーの為に、お力を頂きたいのです。
皆様、ご支援、ご協力をお願い致します。

※6/20スタート 保護猫「ポー」に愛の手をお願いします。c45

by KAKAMIGAHARA NEKO

  • ¥800,000

    目標金額
  • ¥266,000

    支援金額
  • 59

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
33.25%
最小金額は¥1000 最大金額は¥
¥
プロジェクト開始時目標金額:800,000円, 日本
アバター

KAKAMIGAHARA NEKO

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

2年前の秋の事でした。岐阜市の老夫婦から1本の電話がなりました。
内容は、家の回りに来ている野良猫の子を、保護して欲しい❗私達は高齢者だから、子猫は飼えないから頼みます。と言われて、そのご夫婦の待つ、銀行の駐車場にて、初めてポー君に会いました。生後6ヵ月が過ぎた頃の若い猫でした。

引き取ってきてケ-ジに入れたら鳴き続けた為根負けして、室内フリーにしてきました。
時々、脱走する癖のある、やんちゃ坊やでした。
脱走しても、すぐに戻って来ますが、外には危険がいっぱいですから、ドアの開閉には細心の気を使いました。

引き取りした後すぐに、掛かり付け獣医さんにて、レボリューションと3種混合ワクチンを打ちました。
去勢手術もしました。
医療は万全に済ませて、里親さん探しの為に、譲渡会に出す事もしばしばでしたが、なかなかご縁が繋がらず、今日に至りました。
可愛い瞳で見つめられると、1日も早く新しいおうちで、幸せに暮らして欲しいと、願いながら過ごして来ました。

そんな頃、5月の中旬から時折、食べたフードを吐き戻すようになりました。

そのときはまだ、整腸剤を飲ませて様子をみていましたが、やはり、病院に行くレベルだと判断しまして病院に行きますと、先生が血液検査もしてみましょう❗と言われて、結果を待つこと30分、ほとんどの値は問題ないけれど、総たんぱくが高いから、FIPの疑いがあるから、検査に出します❗と言われて、2日後先生からの電話でFIPですねと言われて、かなりのショックを受けました。

診断結果がこちらです。

今までも、FlPで見送った猫達も数匹いましたが、気がついた頃には食欲が落ちてきて、みるみるうちに痩せてきて、痙攣がおきた子や、苦しんで逝った子もいます。

私に、知識がなくて、点滴に通う事位が精一杯でした。
でも…今回のポーは、嘔吐から始まりましたが、その後食欲はありますし、元気もありますから、今回のクラウドファンディグをしてでも…生かせてあげたい❗と思いまして、決意を致しました。

何せ、初めての事で、わからない事ばかりですが、一宮市にあります、猫パンチの社長様に名古屋市のひだまり号の祖父江様をご紹介頂きまして、完治に結びたい❗との思いで、クラウドファンディングを立ち上げる事にしました。

どうか、罪のない動物達の為、まだ若い2才の成猫ポーの為に、お力を頂きたいのです。
皆様、ご支援、ご協力をお願い致します。

 

※今後の体重の増加や症状によって変動はあるかと思いますが80万円を目標額として設定させていただきました。

通院している病院側より明細等の掲載は遠慮してほしいとのお願いがありましたのでこちらでは掲載できませんが、

SNSや本ページにて状況や症状をご報告させていただければと思います

ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します

<現在の状況>

治療開始の約1週間前(6/27)に行った、血液検査の結果が返ってきました。先生からは、総タンパクとA/G比から見てやはりFIPだろう、しかも結構深刻な数値だ、と言われてしまいました。

改めて言われると、やはりショックです。

ポーは普段元気そのものだったので、治療なんて本当に要るの?、と思っていたことを反省しました。

 

7月1日から治療を開始して、メンバー間で日程を調整しながら、試行錯誤を繰り返す毎日です。

 

7/1
治療1日目
薬のアレルギー反応がないか確かめます。
アレルギー反応はなく、本当に良かったです。
アレルギー反応がないことを確認後、追加の薬を購入しました。

注射は想像していたよりも痛がり、暴れてしまうので、保定袋も購入しました。
メンバーで集まり注射の仕方を練習しました。

↑保定袋+カラーを付けたポーです。

 

7/7
治療7日目

ポーのストレス発散のために散歩をしていたら脱走してしまい、近所の方にも手伝って頂き確保できました(..)

脱走も危険ですが、闘病中外にいるウイルスとの接触を避けるため、外には出さないほうがいいとの助言を頂き、室内のみで生活することにしました。
私たちメンバーもポーの部屋にウイルスを持ち込まないため、土足禁止にしました。

治療から1週間経ち、
注射の時の暴れ方もどんどんひどくなります(;_;)しかし治療をやめると生きることができないのでこちらも心を鬼にして注射をします。

↑ペットカーから外を見つめるポーです。外を歩かせるとウイルスがついて良くないそうなのでペットカーに入れてお散歩です。

 

7/15
治療15日目
毎日毎日注射をするので、背中はかさぶただらけになり、皮膚が固くなってきました。

そして恐れていた薬の副作用が(/_;)
アレルギー反応がなかったので安心していましたが、皮膚に大きな穴が空きました。

元気もなく、ご飯が減りません。
ちゅーるは食べたので2本あげました。

すぐに病院に連れていったところ、
一ヶ所だけかと思いきや、三ヶ所も穴があいていて、先生に縫っていただきました。

主治医の先生とメンバーで話し合ったところ、この治療を続けていくと、皮膚へのダメージがかなり大きいと判断し、次回購入する時からは、薬の種類を変更することになりました。

↑薬の影響で、ポーの皮膚に開いた穴です😢

今後は負担の少ない薬に変更します。

 

7/19

1週間前に実施した血液検査の結果が返ってきました!

FIPの程度を示す総蛋白の結果は、基準よりは高いものの、治療前に実施した前回の結果よりも良くなっていました😄

先生からも、順調に改善してますね、とのお言葉をいただき、こんなに早く薬の効果がみられたこと、本当に嬉しいです。

 

84日間続けないと完治に至らないので、まだまだ長い道のりですが、皆さまのご支援のおかげでポーの未来に希望が見えました☆

 

インスタグラム始めました!

随時更新していきますので、最新状況はこちらをご覧ください♪

https://instagram.com/pooproject0620?utm_medium=copy_lin

こちらのURLが上手く開けない場合は、インスタグラムのアプリ内で「pooproject0620」と検索してください。

よろしくお願いします♪

リターン

¥1,000

・心からのお礼メール
・元気になったポーの画像1枚
※画像はイメージなので実際とは異なります

16 支援者

¥5,000

・心からのお礼メール
・元気になったポーの画像2枚
※画像はイメージなので実際とは異なります

13 支援者

¥10,000

・心からのお礼メール
・元気になったポーの画像3枚
※画像はイメージなので実際とは異なります

11 支援者

¥50,000

・心からのお礼メール
・元気になったポーの画像5枚
※画像はイメージなので実際とは異なります

1 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“※6/20スタート 保護猫「ポー」に愛の手をお願いします。c45” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です