《残り時間と簡単な説明》

2匹の保護猫、銀と紗良が9月に白血病陽性が判明。

白血病ウィルスによる縦隔型リンパ腫に罹ってしまい余命宣告を受けました。

残念ながら銀は10/13に短い生涯を終えましたが

難病FIPを乗り越えた紗良をなんとか救いたい。もう一度元気に走り回る姿を見たい。

銀の分まで生きてほしい。

抗がん剤治療を続ける為、どうかご協力お願い致します!

twitterに2匹の様子や治療経過を載せていきます。

twitterアカウント @ginsaranyan

 

【10/14更新】2歳の保護猫が縦隔型リンパ腫に罹り余命宣告。抗がん剤治療を続ける為、ご支援をお願い致します!c109

by Hara Natsumi

  • ¥350,000

    目標金額
  • ¥155,000

    支援金額
  • 21

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
44.29%
最小金額は¥1000 最大金額は¥
¥
プロジェクト開始時目標金額:550,000円⇨350,000
アバター

Hara Natsumi

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

【ごあいさつ】

初めまして。保護猫兄妹の銀&紗良の共同飼い主の原と申します。

数あるプロジェクトの中からこちらをご覧頂きありがとうございます。

プロジェクトを立ち上げた時点(10/11)では兄妹2匹の治療費のご支援をお願いしておりましたが

10/13に銀が息を引き取りましたので、説明は2匹の内容となっておりますが

今後は紗良の治療費のご支援を募らせて頂きます。

その為、目標金額を55万円から35万円に引き下げました。

経緯の説明等、長くなってしましますが、最後までお読み頂ければ幸いです。

最初に、簡単に私達飼い主のことを紹介させて下さい。

共同飼い主という言葉に疑問を持たれる方も多いと思いますので、まずはその説明から。

実は、銀&紗良は元々は私の実家の母(落合)が最初に引き取った保護猫です。

(我が家と実家は徒歩10分の距離です。)

2020年12月、2ヵ月ちょっとの可愛い兄妹、銀(♂)と紗良(♀)が実家へやってきました。

銀&紗良&三男

仲良くじゃれあう銀&紗良

 

最初は実家で仲良くじゃれながら日々過ごしていたのですが、

2021年2月頃から紗良の元気が徐々になくなっていきます。

しばらく様子を見ましたが、だんだんと目も虚ろになってきた為病院へ行くと、

FIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性があるとの診断が。

この時初めてFIPという病気を知りました。

FIPは致死率99%以上と言われている難病です。

治療中は隔離した方が良いと言われ、銀を我が家で引き取ることになりました。

この為に、実家と我が家で共同飼い主となった訳です。

我が家に来たばかりの銀

肩乗り銀ちゃん
(この頃は元気いっぱい)

 

【FIP発覚~治療、そして寛解】

紗良のFIPが発覚後、保護主さんへ連絡しました。

致死率の高いFIPですが、治療薬で治ることがあると保護主さんから教えて頂き、

その治療薬を処方してくれる病院を紹介して頂きました。

日本では未承認の薬で取り扱っている病院が少なく、かなり高額になると言われましたが

幸いにも車で通える範囲に取り扱い医院があることがわかり

また、ただただ死を待つことはできないと母と話し合い、通院して治療することに。

紗良の治療を始めて1カ月、今度は我が家で預かっている銀の元気がなくなってきました。

紗良と急に離れたからかもしれないと思いたい気持ちもありましたが、

FIPの可能性が高いだろうと受診。

思った通り、FIPでした…

すぐに治療を開始してもらいましたが、なにせ高額の治療。しかも2匹分。

あっという間に母の貯金も我が家の貯金も底が見えてきてしまいました。

詳細を記すと長くなってしまうので、かかった費用の総額だけ記載させて頂きます。

○FIP治療費(薬(84日間毎日飲ませます)・血液検査・レントゲン等)

紗良=約86万円

銀=約82万円

総額=約168万円

銀のFIP治療費明細

紗良のFIP治療費明細

※沙良の方が重症でしたので、薬の量が多く治療費も高くなりました。

母は老後の旅行を楽しみに貯金をしていましたが、銀と沙良の為にほとんどを使いました。

我が家も治療費や、銀を迎える為のケージやトイレなどの準備、通院の為のガソリン代などを負担しましたが、

小学生と幼稚園の子どもが3人おり、これ以上の支出は限界が近づいていました。

なんとか84日間の投薬治療を終え、2匹とも奇跡的に寛解することができ、本当にホッとしました。

子ども達も、銀ちゃんも紗良ちゃんも元気になって良かったと大喜び。

このまま元気でずっと一緒に暮らしていけると思っていました。

FIP寛解!

元気に遊ぶ銀

 

 

【再び闘病生活へ】

穏やかな生活は長く続きませんでした。

今年の8月終わり頃、銀の食欲が少し落ちてきました。

暑さのせいかと思っていましたが、数日後、呼吸が早くなっていることに気が付きました。

またFIPかもしれない…と頭をよぎりました。

具合が悪そうな銀
(寝ている時間が増えました)

診察をしてもらうと、先生から思ってもいなかった病名が。

「白血病が陽性です。発症はしていないと思うけど、

白血病からくるリンパ腫の可能性が高いです。」

とのことでした。さらに、

「胸の所に腫瘍のような物が写っている。

胸水も溜まっているから、おそらく縦隔型リンパ腫だと思います。

このままだと1カ月もたないかもしれません。」

とお話しが。

この日、母は泊りがけで仕事の為私一人で病院へ行っていました。

突然の事で頭が真っ白に。

先生からは

・治療をするなら抗がん剤治療だが、若いと効きにくい事がある

・縦隔型は治療をしても寛解までいかない可能性が高い

と説明があり、治療するかどうするか、早めに相談して下さいと言われました。

帰りの車の中で、私は涙が止まらなくなってしまいました。

ようやく難病を克服したのに、まさかの余命宣告…

治療をしても治らないかもしれない…

考えれば考える程涙が溢れてきました。

銀は保護主さんが保護した時から片目が見えません。

その上FIPにも罹り、もう辛い事はそれだけで十分じゃないか、

なぜこんなにも辛い事が重なるのかと、とても悲しくなりました。

これからの事を、考えても考えてもその日は答えが出せませんでした。

翌日、母と相談し色々と考えましたが、

治療法があるのに治療しないということはできないし

せっかくFIPを乗り越えてこれからというところ、なんとか治してあげたい

ということになりました。

数日後、病院から検査結果の連絡が。

やはり、リンパ腫であり、さらには治りにくいT型であるとのことでした…

銀の検査結果
(これによりT型リンパ腫と確定)

銀の検査結果

ひとまず再び保護主さんへ連絡。

保護主さんから、リンパ腫の治療に詳しい先生がいる病院を紹介してもらったので

今までお世話になった病院の先生に事情を説明し、新たな病院へ。

リンパ腫の事や治療方法の事、治療期間や費用のお話しを聞き、

10月でようやく2歳になる銀をなんとか助けたいということで、治療をお願いすることに。

治療費も、銀だけの分ならなんとか捻出できるだろうと考えての決断でした。

その日から、さっそく抗がん剤治療を開始。

数種類の抗がん剤を、初めは1週間に1種類ずつ投薬していくとのことで、

再び毎週の病院通いが始まりました。

最初の抗がん剤と抗生剤が効いたのか、呼吸が少し落ち着き、食欲も少し戻りました。

先生からは、腫瘍が少し小さくなっているから、抗がん剤、効果があるかも知れませんねと。

ほんの少し、希望が見えました。

そんな矢先、今度は紗良の食欲が落ち、寝ている事が多くなってきたと母から話しが。

紗良も縦隔型リンパ腫に罹ってしまったのです。

ちょうど銀のリンパ腫発覚から1カ月後のことでした。

しかも、紗良は胸だけでなく、お腹や血液からも腫瘍細胞が検出されてしまい、

一刻も早く治療をしなければならない危険な状況と。

こうして紗良も抗がん剤治療をすることになりました。

点滴後、包帯を外したら毛が抜けてしまいました…

再び闘病生活…銀も紗良も頑張っています。

 

10/05、銀ちゃんの容体が再び悪化してきました。

ご飯がほぼ食べられず、水分も摂れない状態です。

急遽点滴の為に病院へ。

治療後先生から、抗がん剤の副作用と毎日のステロイド服用に

体が負けてきてしまっていて熱が出ているとお話しが。

これから毎日点滴に通うことになりそうです…

10/12、今までの抗がん剤の効きが良くないとのことで

最後の望みをかけて、違う種類の抗がん剤を打ってもらいました。

しかし、翌日10/13 17:45、点滴の為に病院へ行き、処置後に息を引き取りました。

最期の最期まで、辛い治療に耐えて頑張ってくれた銀ちゃん。

母と私で看取ることができてよかったです。

お空の向こうでゆっくり休んで、たくさん遊んでほしいと思います。

 

 

【目標金額と治療費のご支援のお願い】

ここまでお読み頂き本当にありがとうございます。

説明が長くなってしまいましたが、紗良の今後の治療費が足りない状況になってしまいました…

抗がん剤治療を始めて1カ月。

血液検査やレントゲン、点滴、抗がん剤、抗生剤等で

ほぼ毎回約15,000円~25,000円程の治療費がかかります。

毎週の通院、さらには紗良は貧血が酷く輸血が必要とのことで入院治療をし6万円。

銀の容体も一進一退で、臨時で点滴に通ったりと

支払い額はすでに20万円以上になっています。

最初に想定していたよりもはるかに上回る治療費です。

今後も毎週15,000円~25,000円の支払いと

体調が良くない時には診察日以外にも点滴に通う為、

治療費はまだまだかかることになりそうです。

 

○今後の支払い予定額(おおよその金額で見積もります)

抗がん剤治療は25週に渡り行われる予定です。

状態が良くなれば隔週の治療になることもあるそうです。

病院で提示された抗がん剤投与の回数は全16回。(効果により回数が増える事がある)

・銀 20,000円×残り12回=240,000円

※銀はこのあと2回打って亡くなりましたので、銀の分20万円を減額します。

・紗良 20,000円×残り14回=280,000円

合計 320,000円(検査代や薬代全て含む)

そこに、臨時の点滴や入院費がかかります。(どのくらいになるか検討がつきません…)

上記概算から、目標金額350,000円に設定させて頂きたいと思います。

母は68歳、パートと少ない年金の収入で、このまま治療費を払い続けるのがかなり厳しい状況です。

私もパートで働き始めましたが、2匹の治療費を全て賄えるほどの収入がありません。

貯金は既に治療費にほぼ使ってしまいました。

本来であれば、飼い主である私たちが治療費を出す事は当然のことなのですが

ペット保険に入る間もなく病気に罹り、準備していた資金が足りなくなってしまいました。

厚かましいお願いなのは重々承知しておりますが、

2歳になったばかりの紗良の命をもう一度つなぐ為に

どうか皆様のお力をお貸し頂けませんでしょうか。

 

【支援金の使い道】

ご支援頂いた資金は、全て10/13までの銀の治療費と

今後の紗良の治療費に充てさせて頂きます。

 

【リターンについて】

リターン品ですが、

・お礼のメールか手紙

・銀&紗良の画像か写真

・銀&紗良の写真をプリントしたクリアファイル(A4サイズ)

・銀&紗良の写真をプリントしたミニトートバッグ(予定)

を予定しております。

リターン不要の方は、備考欄にリターン不要とご入力下さい。

 

【最後に】

殺処分される猫を減らしたい、可哀想な境遇の猫を引き取り、

平穏な暮らしをさせてあげたいとの思いから保護猫を引き取った私達です。

残念ながら銀は2歳で亡くなってしまいましたが

まだまだ人生(猫生)これからの紗良。

なんとかリンパ腫も乗り越え、銀の分まで生きてほしい。

ずっと一緒に過ごしていきたいと強く願っています。

寛解まで治療を続けていく為に、どうかご支援をお願い申し上げます。

 

【これまでの診療明細と検査結果】

銀の診療明細
(9/4・9/5・9/11)

銀の診療明細
(9/18・9/24・10/2)

銀の診療明細
(10/05・10/6)

銀の診療明細
(10/07・10/08・10/09)

銀の診療明細
(10/10・10/11・10/12)

銀の最後の診療明細
(10/13)

銀の検査報告書
(9/4)

銀の検査報告書
(9/11)

銀の検査報告書
(9/18)

銀の検査報告書
(9/24)

銀の検査報告書
(10/2)

銀の検査報告書
(10/5)

 

紗良の診療明細
(9/24・9/25)

紗良の診療明細
(9/29・9/30)

紗良の入院治療同意書
(9/26~9/30)

紗良の検査報告書
(09/24)

紗良の検査報告書
(09/26~30)

リターン

¥1,000

お礼のメールと銀&紗良の画像1枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

3 支援者

¥3,000

お礼のメールと銀&紗良の画像2枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

4 支援者

¥5,000

お礼のメールと銀&紗良の画像4枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

6 支援者

¥10,000

お礼のお手紙とクリアファイル1枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

5 支援者

¥30,000

お礼のお手紙と銀&紗良の写真1枚とクリアファイル1枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

2 支援者

¥50,000

お礼のお手紙と銀&紗良の写真2枚とクリアファイル1枚(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

0 支援者

¥100,000

お礼のお手紙と銀&紗良の写真1枚と銀&紗良の写真プリントミニトートバッグ(写真はイメージです)
※リターン不要の方は、お申し込み時にメモ欄へその旨ご入力下さい

0 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“【10/14更新】2歳の保護猫が縦隔型リンパ腫に罹り余命宣告。抗がん剤治療を続ける為、ご支援をお願い致します!c109” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です