《残り時間と簡単な説明》

FIPと闘病中の餅子のために皆様のお力をお借りしたく。

プロジェクトを立ち上げさせていただきました。

皆様のご理解とご協力を頂けますと幸いです。

インスタグラムは👇

http://instagram.com/singen_mochiko

 

生後6か月で難病の猫伝染性腹膜炎【FIP】を発症した愛猫に希望を!c108

by Haru

  • ¥600,000

    目標金額
  • ¥18,500

    支援金額
  • 21

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
3.08%
最小金額は¥500 最大金額は¥
¥
プロジェクト開始時目標金額:600,000円, 日本
アバター

Haru

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

http://https//instagram.com/singen_mochiko

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

▼ご挨拶

はじめまして数多くあるクラウドファンディングの中より、こちらのページを見ていただき、誠にありがとうございます。東京都在住の信玄餅子(通称ですー黄な粉に餅黒蜜をかけたような模様の為本当の名前はジュランという南国で咲くきれいなピンクのお花の名前なんですよ~)の親Haruと申します。現在友人のボランティアのお手伝いで関わった破綻したブリーダーの元で生まれたペルシャ3才オス(餅子が親分としたっているので親分(仮称)と呼ばせていただきます)と、餅子6か月メスの3人で(あまり猫を匹で数えたくないので3人と言わせてください)暮らしております。

※餅子はジュランという本名がありますが、家でも餅子と呼んでおり本人も餅子が自分の名前と認識しているようです(笑)

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

私は子供のころから長い間猫と一緒に暮らしてきましたが、餅子がその病気になるまでお恥ずかしいことに全く知らなかった病名です。

元々すべての猫が保有している特に害のないウイルス(猫腸コロナウイルス)が原因不明の突然変異を起こし強毒性の(猫伝染性腹膜炎)FIPウイルスになると言われています。

つい最近までは有効な治療法はなく、対症療法で症状緩和と延命を図るしかないとされている難病といわれてきました。子猫の場合は発見が遅ければ、発病してから1週間~10日で死に至る大変恐ろしい病気と今治療を受けている先生にも教えていただきました。ましてや子猫の場合は発症からの進行が大人の猫に比べ早く早期治療が鍵となります。また母子感染が原因である場合が多いともいわれています。

FIPは「ウェットタイプ」と「ドライタイプ」に分類されます。「ウェットタイプは」お腹や胸に水が溜まり、腹水や供水が肺等を圧迫し、呼吸困難になり死に至ります。言い換えれば水中にいないのに溺死するような感じです。「ドライタイプは」体に炎症が出て神経症状を起こし死に至ります。ちなみに餅子の場合はウェットタイプです。

日本では未承認の薬ではありますが数種類の海外の薬がこのFIPに効果があり完治したという症例も多数報告されております。(多くの文献を読み自己責任として日本無認可のこちらの薬を餅子投与する判断をいたしました。ですので、全てのFIPの猫にこの未承認の薬が有効という意味ではありません)しかしその一方で、この薬は非常に高価であり、また未承認の薬であるためペット保険等も適用されません。

それぐらいの貯金はしていないのか?とのお叱りを受けることも重々承知しております。当方原因不明で肝膿瘍という病気になり入院を余儀なくされ、そちらにお金がかかり今も自宅にて傷病中で働くことのできない状況にあります。

母も持病があり障害手帳を持つ身ですので、総合的に考えこちらに掲載することといたしました。支払える分は自分で捻出し、分割にしてでも支払ってまいります。

できる限りのことは自分でなんとかしたいと考えておりますが、様々な事情により大変恐縮ではございますが

皆様のお力をお借りいただけませんでしょうか?

 

▼<治療の経過について>

・2022年4月20日

親分の下痢が酷くまた、餅子の目ヤニが酷く一緒に診てもらおうと、いつもの病院に電話をしましたが、予約がすぐに取れず、近くの新しい動物病院に朝一番で飛び込みました。これが今考えると運命の出会いだったのだと思います。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しておりません。

・2022年4月28日

親分の再診の為、また餅子の点眼薬をもらいに親分だけを病院に連れて行こうと思ったところ、餅子が激しく動いてもいないのに、息が荒いことに違和感を感じ、親分と一緒に餅子も病院に連れていくことにしました。この行動が後に餅子のFIP早期発見につながりました。 先生に餅子の心拍が妙に早い事を何気なく話たところ、聴診器で左右の心臓の鼓動を診察していただいたところ、幸運にもちょうど心臓外科の先生もいらしていた為詳しく診ていただくことになり、即酸素室行となり左胸に100㎖近い水が溜まっていて左の肺が機能していないことが判明。この時点で猫コロナウィルス(猫伝染性腹膜炎–FIP)の疑いがあると教えていただき、FIPになると今の日本認可の治療ではステロイドを使用したり、胸水を抜く緩和ケアが主になります。ただ日本で未承認の薬を使えば完治した例多くあることを聞き、また幸運な事に先生の後輩にあたる先生がFIPを研究し治験も行っている事を知り、すぐに連絡を取っていただきました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しておりません。

・2022年4月30日

念のため胸水を取り除く為主治医の先生のところで再診 GWシーズンということもあり、またFIPが一刻も争う病気の為全ての予定を変更して、往復3時間かかるFIPに特化した病院に先生より状況説明の電話をしていただき、2022年5月2日に予約をいれました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しておりません。

・2022年5月2日 (FIP日本未承認の薬の投与開始1日目)

片道1時間30分をかけて、FIPの診察を受け、このまま何もしなければ早くて1週間の命であるかもしれない事を再度聞かされてショックをうけました。 しかし①日本未承認の薬(症例数も多く完治した猫も多いが値段が高い)か②今行っている治験(新しい治験であるため症例数が少ない代わりに1日当たりの価格も安い)を先生の指導の元で行うことでFIP初期である餅子は完治するであろうといっていただきました。そこで①にするか②にするかの選択となりました。餅子はまだ6か月の子猫なので症例数の少ない治験を選択するより症例数の多い①の日本未承認の薬を選び治療を開始いたしました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年5月9日

投薬後1週間検診を受け、薬が餅子に効いていると先生よりお話があり、ひとまずほっとしました。血便があった件も今は問題ないといわれました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年5月16日

投薬後2週間検診を受け、薬が餅子に効いていると先生よりお話があり、炎症の具合が段々とよくなっているが、まだまだ平常時よりも高いとのことでした。レントゲンを見ると胸水はまったくないく体重も増えているので順調に育っているとのことでした。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年5月23日

投薬後3週間検診を受け、薬が餅子に有効であるというすべての数値良いほうに向かっていることが確認でき、確実に体重も増えていると先生よりお話がありました。

特に気になることが無ければ次の検診は6週間後で大丈夫とのお話もいただきました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年6月11日

餅子が2日続けて血便があった為、6週間検診前に、急遽びょういんで調べてもらうこととなった。注射をし血液検査と注射をし、当日の夜絶食をし、様子をみることとなりました。。

6月12日には血便は収まり、大変ほっといたしました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年6月27日

8週目の検診。前回の検査の数値も良く、餅子の体重も増え、なにもなければ、10週目の検診まで薬を飲み続け様子を観ることとなった。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・2022年7月11日

10週目の検診。8日間の投薬を飲み終わり検査の数値も良く、体調も良くおちゃめな動きをする餅子の体重も増え、何もなければ投薬後1か月検診と3か月検診を残すところとなり、一安心となりました。

※動物病院名につきましては、病院に確認の上記載しております。

・今後について

①体重・検温の実施を毎日する事

②容体が悪化した場合は必ず病院に連絡をし検査をする事

③3か月検診(10月)を受ける事

▼プロジェクトの内容

READYFORで5月からプロジェクトを始めましたが、目標額に到達せず0円というけっかとなりました。今回は2回目のチャレンジとなります。

集めた支援金用は全て猫の治療代に使用いたします。今は治療初期段階ですので、3週目の金額のみ記載しておりますが、治療が進み次第こちらのページで随時報告いたします。今は予定のみ記載いたします。84週間の概算について 薬は200㎎ 5500円(税込 上記の診療明細をご確認ください)ですので100㎎ 2250円 餅子はまだ子猫ですので体重も軽く 概算 1日にかかる薬の代金は6625円~11000円となります。 もし体重が減ったとしても薬は減らさず、前回と同量を与えるようにと病院から指示をうけておりますので、以下のようになります。費用は税込みとなります

<薬の金額>

1週目:体重2.10KG 薬量 250㎎/日   費用 6625円/日  週合計46375円確定済

2週目:体重2.25KG 薬量 250㎎/日   費用 6625円/日  週合計46375円確定済

3週目:体重2.50KG 薬量 250㎎/日   費用 6625円/日    週合計46375円確定済

4週目:体重2.75KG 薬量 250㎎/日   費用 6625円/日    週合計46375円確定

5週目:体重2.85KG 薬量 300㎎/日   費用 7250円/日  週合計50750円確定

6週目:体重3.00KG 薬量 300㎎/日   費用 7250円/日  週合計50750円確定

7週目:体重3.15KG 薬量 300㎎/日   費用 7250円/日  週合計50750円確定

8週目:体重3.25KG 薬量 350㎎/日   費用 8850円/日  週合計61950円確定

9週目:体重3.50KG 薬量 350㎎/日   費用 8850円/日  週合計61950円確定

10週目:体重3.75KG 薬量 400㎎/日     費用 11000円/日  週合計77000円確定

11週目:体重3.85KG 薬量 400㎎/日   費用 11000円/日  週合計77000円確定

12週目:体重3.85KG 薬量 400㎎/日   費用 11000円/日  週合計77000円確定

これらすべてを合計すると薬代だけで692,650円となります。その他FIPの検査を1週間後薬のの副作用チェック2週間・6週間後薬の効果判定・10週間後治療延長の判断等に別途費用がかかります。(CBC+TPを含めた10項目検査・炎症マーカー検査・画像診断等)

 

<経費概算>

薬代(日本未承認):692,650円

リターン作成・発送経費等:400,000円

薬以外の費用(診察費(各種検査費用込)・交通費等):350,000円

費用合計見積:1,442,650円

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

治療のスケジュールは以下のようになっております。

2022年5月4日     日本未承認の薬 投薬開始

2022年8月25日    薬投薬終了※

2022年10月~     クラウドファンディング開始

2022年11月25     3か月検診

2022年12月末     クラウドファンディング終了

2022年11月~     リターン発送開始

※治療期間は猫の症状如何により延長の可能性もあります。

 

クラウドファンディング無事金額達成し終了後にお礼のメールに今日の餅子の画像を添えてお送りしたいと思います。また、気持ちばかりの品しかご用意できませんが、私が試行錯誤し、デザインいたしました、餅子オリジナルの小物(画像・シール・缶バッジ・手ぬぐい・マルシェトートバッグLサイズ)を金額に応じ、お礼としてお送りさせていただきたいと思います。

 

 

リターン

¥500

感謝のメール&餅子の画像

ORリターン不要--ありがたく支援を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください

0 支援者

¥1,000

同居人が頑張ってデザインした餅子のオリジナルシール 

ORリターン不要--ありがたく支援を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください

6 支援者

¥3,000

同居人が頑張ってデザインした餅子のオリジナル缶バッジ

ORリターン不要--ありがたく募金を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください

2 支援者

¥5,000

同居人が頑張ってデザインした餅子のオリジナル手ぬぐい

ORリターン不要--ありがたく支援を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください

1 支援者

¥8,000

同居人が頑張ってデザインした餅子のオリジナルデザインLサイズトートバッグ。オーガニックコットンを使ったとても軽く自然な大ぶりの軽量バッグです♪フランスパンも丸々すっぽりと入る大きさなのでエコバッグとして使用もできます。(折りたたむと小さくなります(*^▽^*))

ORリターン不要--ありがたく支援を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください

0 支援者

¥10,000

同居人が頑張ってデザインした餅子のオリジナルデザインのグッズ全て

ORリターン不要--ありがたく支援を頂戴させていただきます

※リターン不要の場合はお申し込み時にその旨ご入力ください 

0 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“生後6か月で難病の猫伝染性腹膜炎【FIP】を発症した愛猫に希望を!c108” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です