《残り時間と簡単な説明》

プロジェクト終了まで…残り

ちゃるるとめめ太の治療のために

皆様のご理解とご協力をお願いいたします

インスタグラム👇

https://www.instagram.com/nekojima.2015

10/10 開始 保護猫ちゃるるとめめ太に明るい未来を。c106

by ねこじま さん

  • ¥280,000

    目標金額
  • ¥284,000

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
100%
プロジェクトが成功しました。
プロジェクト開始時目標金額:350,000円, 日本

ねこじま さん

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

はじめまして、ちゃるるとめめ太の保護主、ながしまと申します。
数あるプロジェクトの中から、ページを開いて下さりありがとうございます。
クラウドファンディングを始める経緯等について、少し長く感じるかもしれませんが
最後まで読んで頂けましたら幸いです。

《自己紹介》

私は、15年程前から近所の猫の不妊去勢手術や里親探しをはじめ、2015年頃からTNR活動に取り組んでおりました。

今は身体が思うように動かなくなり、仕事をしながら、病気だったり家族が見つからない子、相談があって引き取る事になった子、劣悪な環境から訳あって迎えた子達をお世話しながら、自分のできる範囲で活動しております。

活動を始めたばかりの頃は、私の住む地域ではTNR (捕獲して手術してリターン)という方法を知らない人がたくさんいて、助けてあげたいけど方法がわからない人、未だに野良猫に水をかけろ、餌はあげるなと思いこんでいる人もいました。

保護には限界がある為、一人でも多くの方に猫との共生の方法を考えてもらいたい、路頭に迷う猫を増やしたくないとの思いから活動を始め、約4年で200匹近くTNR を行いました。しかし、道のりはとても険しく、いたちごっこの状態で根本的な解決には至らないのが現状でした。そして、TNR活動をする中で保護が必要な子達が毎年増えていきました。

 

《現在の状況とクラウドファンディングをはじめた理由》

TNR 活動を通じ、気持ちが折れそうな出来事もありましたが、協力して頂けることや助けて頂くこともたくさんあり続ける事が出来ました。

しかし、仕事や家事をしながら早朝や深夜に及ぶ作業や長距離の運転、寝不足による疲労と相談された猫の事が心配で常に頭から離れない不安が蓄積し身体と心が消耗するばかりで、以前の様には動けなくなってしまいました。

「自分に出来る些細な事でも行動しなければ何も変えられない」と、始めた活動ですが、元々潤沢な資金があった訳ではないので、相談者に変わり自己負担をする事や猫の搬送で仕事を休む事もあり、更にコロナ禍で2020年の一時期、収入が無かったり減ってしまった事で、大変厳しい時期もありました。

出費が続く為、時間を増やして働らいたところ今度は留守番時間が長くなる事で体調を崩す子達が増えてしまい、自分自身も時間と世話に追われ、フラフラの状態でお世話し、精一杯頑張っていても、毎日すり減っていく悪循環に陥ってしまいました。

自分の意志ではじめた活動で、クラウドファンディングに頼る事に迷いや葛藤もありましたが、度重なる出費が続きちゃるるとめめ太の治療費を捻出する事が難しい為、プロジェクトを立ち上げ皆様に医療費のご協力をお願いする事にいたしました。

様々なご意見があると思いますが、もし協力して頂ける方の目にとまりましたら、大変恐縮ではございますが治療のご支援をして頂けたら幸いです。

《ちゃるるとめめ太の現状》

ちゃるる

推定4歳から5才、保護猫。
甘えたいのに、モジモジ後ろに隠れてしまうような内気な所があります。
鳴き声を出すことは出来ませんが、一生懸命、応えようとしてくれる健気な子です。

元々、うちの経済状況では、これ以上猫を増やせなかった為、迎えることは出来ない状況だったのですが、訳あって2021年、保護する事になりました。

我が家に来てからも風邪の様な症状が長引き治療をしていたのですが、2ヶ月経っても、鼻のグズグズや咳込みが治らず、次第に呼吸が荒くゼコゼコした音がしだし食欲不振、少し動いただけで呼吸異常、ヨダレを垂らし、うずくまる様になりました。

病状が悪化した為、CT検査をしたところ
鼻と口の通り道に異物が確認されました。
食べられないことで黄疸が出ていた為
一旦食道チューブを装着し、安定してから手術することに。。
貧血の為、麻酔のリスクを考えると手術を躊躇していましたが、無事に乗り越える事ができました。
CT検査では異物とありましたが、内視鏡の結果、気管がほぼ粘膜で塞がっている状態で更にたくさんの膿が溜まっていることがわかりました。

鼻咽頭狭窄症というもので
塞がった粘膜をバルーン拡張手術を行うことで通り道ができました。

術後しばらくは、食道チューブをつけて過ごしましたが、徐々に回復し呼吸異常もだいぶ軽減されました。

しかし、元々身体が弱く貧血が改善される事はなく、しばしば体調不良、食欲不振、そして口を痛がる様に。

跳び跳ねるように口を痛がるのは
口腔内の複数の炎症、切れている箇所が原因でした。
身体が弱い上に、長期間の不衛生な環境や栄養不良によるものなのか、我が家に来た時には前歯はほとんどを失っている状態でした。
また、以前に比べると呼吸音の異常は軽減しましたが、それでもいまだにズーズーとした音が。
コップに入った飲み物が無くなった状態でをストローで吸うと、ズーズーという音がなりますが、それに近いと思います。

抜歯するには出血が伴い、貧血のちゃるるは、健康な猫よりもリスクが高く輸血が必要になると思います。
鼻咽頭狭窄の手術、検査、これまでの通院で20万以上の費用がかかり、今後も様々な不調が現れる場合、継続的な治療や手術が必要になる為、心配が尽きません。
うちに来たばかりの時に、今後の為にと保険に加入するも、手術のタイミングが適用期間外で、保険適用にはならず、また、同じ病状の繰り返しの手術には適用されないため、解約をすることに。

 

領収書の一部です。

食道チューブをつけている時。

術後、呼吸が楽になり、甘えてくるようになりました。

犬歯以外の前歯はほとんどなく、口内炎があるのでカリカリはお湯で柔らかくしたり缶詰などは、細かくしてから食べています。

 

ちゃるるの最近の血液検査結果。

一時的に数値が上がったりする場合はありますが、普段は貧血以外の問題は特にありません。免疫力が弱く、頻繁に風邪や食欲不振と、呼吸が荒いです。

 

めめ太

2才保護猫。
目が不自由でも家の中をスイスイ歩いたりできる程、感覚が鋭く猫じゃらしも大好きで、音のなる物、ビニール袋を丸めたボールには良く反応し、サッカーボールを蹴るように追いかけて、キャッチ!咥えて持って来てくれます。メーちゃーんと呼ぶと、ミュンミュンとお返事もしてくれる可愛らしい子です。

保護された頃、既に猫風邪による感染症で目に炎症があり、保護されていたシェルターの環境が状態を更に悪化させ眼球が突出。

まぶたを縫う手術を行う。

環境を変えないと他の病気にも感染する可能性があったので、ちゃるる同様、訳あって我が家に来ることになりました。
うちに来てから、抜糸するも
右目の突出はほとんど変わらず。
目薬で治療しても、変化はほとんどありませんでした。

めめ太を迎えてからちゃるるや他の病気の猫達に医療費がかかり、めめ太の治療は
目薬のみの状態でした。

今後、生活をしやすくする為にも
きちんとした検査、適切な処置が必要にも関わらず、来月は、今月こそはと思いながらも、早急な治療が必要な子達が優先になってしまっていました。
里親探しは困難だった為、私が迎える覚悟で保護しましたので、保険加入を検討しましたが眼球異常では加入することもできませんでした。

 

まぶたを縫う手術をして抜糸後のめめ太。少し眼球の状態が落ち着いた時。

とあるシェルターにいた為術前の画像は無いのですが、眼球がこぼれ落ちそうなほどでした。

しばらくははカラーをつけて生活していました。

現在2歳のめめ太。体格もよく性格はおっとりしています。

《目標金額について》

今回、目標金額は医療費とリターンの品を含め35万円に設定させていただきました。目標が達成次第、治療や検査手術になるため、実際にはそれ以上かかるかもしれませんし、治療方法によってはかからない場合もあり、現時点では費用がどれくらいかかるのかわかりませんが、過去の活動で治療にかかった費用を参考に設定させていただきました。

もし、寄付頂いた金額よりも、めめ太やちゃるるの医療費が抑えられた場合や、万が一多く金額が集まった場合には、腎不全の治療や神経の関係で排泄に問題がある子もいるため、治療や検査が必要な子達の医療費として、また野良猫の手術に大切に使わせて頂く事をお約束いたします。

《最後に》

拙い文章で大変恐縮ではございますが、長文を最後まで読んで頂きましたこと、心より感謝申し上げます。そしてこのプロジェクトでTNRについて、保護猫について一人でも多くの方に考えて頂けたら幸いです。

 

リターン

¥1,000

お礼のメールを送ります。
※リターン不要な方はお申し込み時のその旨ご入力ください

プロジェクトは終了しました
1 支援者

¥3,000

お礼のメールと画像を送ります。
※リターン不要な方はお申し込み時のその旨ご入力ください

プロジェクトは終了しました
6 支援者

¥5,000

手書きのお手紙と、マグネットまたはシールを送ります。(現在考え中です。申し訳ございません)
※リターン不要な方はお申し込み時のその旨ご入力ください
※写真はイメージです。

プロジェクトは終了しました
3 支援者

¥10,000

手書きのお手紙と、ステッカーやマグネットを送ります。(現在考え中です、大変申し訳ございません。)
※リターン不要な方はお申し込み時のその旨ご入力ください
※写真はイメージです。

プロジェクトは終了しました
11 支援者

¥30,000

手書きのお手紙とお好きなデザインで犬や猫の刺繍をお一つ送ります。
※リターン不要な方はお申し込み時のその旨ご入力ください
(飼い猫、犬、またはプレゼントしたい方の犬や猫等)
作品は、刺繍が得意な里親様が心を込めて作って下さります。

プロジェクトは終了しました
3 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“10/10 開始 保護猫ちゃるるとめめ太に明るい未来を。c106” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です