《残り時間と簡単な説明》

 

FIP伝染性腹膜炎と言う恐ろしい病、発症してしまうとわずかしか生きられないと言う事、自分の子がなって初めて知りました。

 

FIP伝染性腹膜炎とは多くの猫が持っている猫コロナウイルス(無症状〜嘔吐下痢などの軽い症状で治まる事が多い)に感染した猫の体内で、ウイルスが突然変異を起こす事で発症する病のことです。

発症してしまうと致死率ほぼ100%に近く、日本では効果的な治療方法はないと言われています。

唯一可能性のあるMUTIANを用いた治療方があると言う事で、その治療にかけてみたいと思いました。

ですがあまりにも高額で、恥ずかしながら我が家には経済的な余裕がなく皆さまに頼ることしか出来ません。

 

私の願いはとにかくまだ幼いレオ君を助けたいという事だけです。

皆様どうか助けて下さい!

宜しくお願いします!

《プロジェクト終了》FIP伝染性腹膜炎と診断されたレオ君を助けたい!

by yuko

  • ¥775,000

    目標金額
  • ¥276,000

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 締切日

    プロジェクト終了
達成率 :
35.61%
このプロジェクトは無効であるか、まだ開始されていません。

yuko

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

  • 6月30日生まれのミヌエットの♂レオ君。

とあるブリーダーさんのサイトで一目惚れ!

10月3日、見学に行ったその日に即家族として迎え入れる事になりました。

1年ほど前に12年間飼っていたウサギちゃんが亡くなってしまい、とても寂しい思いをしておりました。

娘が次飼うならネコちゃんがいい!と言っていたのでペットショップやブリーダーさんのサイトを度々チェックしていたのですが、見た瞬間、この子!と初めてビビッと来た子でした。

ネコを飼うのは初めてで何もかもが手探り状態。

親バカですが、レオ君はとても賢くトイレも来たその日に覚え失敗する事はありませんでした。

仕事から帰るとリビングのドアの前で待っていてくれたり、とても甘えん坊な性格なのですぐに膝の上に登ってきてゴロゴロしたり。

ご飯も時間になると足元に来てまっています。

かと思えば突然一人運動会が始まり捕まえられないほどの猛ダッシュ!

大人気なく私も追いかけっこして遊んだりしていました。

仕事で疲れていても帰ればレオ君が待ってる!と思うと元気が出ます。

毎日がとても楽しく、見ているだけでとても癒され、私達家族にとってとても大切な、なくてはならない存在になっています。

 

ですが家族になって1ヶ月ほど経った頃から異変が。元気がなくなり1日中寝てばかりになりました。

元気がないだけで病院に行っていいのかも良くわからず様子を見ていたものの、徐々に食欲も落ちお腹を触ると水が溜まっているような…

そこでやっと病院へ行くことに。

診察後言われたのがFIPの可能性がありますと言うことでした。

ネコを飼うのは初めてで、病名を聞いても初めはピンと来ず…

ですが発症してしまうと致死率ほぼ100%、しかも数日から長くて数ヶ月しか生きられないと聞き…

本当に目の前が真っ暗に。

異変を感じた時すぐ病院に連れて行くべきだったととても反省しましたし、何もできない事が悔しく思いました。

正直話を聞いてお別れも覚悟しました。

ですが担当の先生からMUTIANを用いた治療法があることを教えていただきました。

日本では未認証の為、海外からの輸入になり多額の費用がかかること、そして協力病院が日本に数件しかない事などを知りました。

どうしたら良いか物凄く悩んだのですが、まだその時4ヶ月だったレオ君をこのまま見送るなんて悲しすぎる!

絶対に助けてあげたい!!

まだまだ一緒にいたい!!との思いでいっぱいになりました。

ですが住宅ローンも残っており、娘は大学に奨学金で通っている状態です。

正直我が家には経済的な余裕がなく、考えた末皆さまにご協力をお願いする事しか出来ず。

.

このプロジェクトでのご支援は当然ながら全てレオ君の治療費として使用させていただきます。

今は余裕がありませんが、プロジェクトが終了し落ち着きましたら、私も少しでも困っている方の力になれるように努力していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

『これまでの活動報告』

11月18日

地元の動物病院ヘ

FIP伝染性腹膜炎の可能性が高いとの診断。

この日は何も考えられず、目の前が真っ暗でした。

MUTIANと言う治療方法があると聞いても、高額な為すぐには決断できず。

家族でどうするか相談し、可能性があるなら諦めたくないと治療を決意。

検査の結果、やはりFIP陽性でした。

 

11月20日

教えていただいた協力病院ヘ

エコー検査で腹水が溜まってある事が分かり、血液検査と合わせドライウエット混合タイプ中期との診断。

この日からMUTIAN200gを投与が始まりました。(体重1.25kgの1.5倍)

貧血も酷く、サプリもいただきました。

カプセルを飲ませるのは本当に大変です。

初めての事なので2粒飲むのに30分近くかかってしまいました。

辛いけど寛解する為に頑張ろうね!

 

11月22日

頑張ってカプセルを飲んでるにも関わらず後ろ足がフラつき上手く歩けなくなりました。

腹水でお腹が膨らんでいるので歩きにくいのかなと思ったのですが、更に翌日になるとトイレも失敗するように。

神経障害が起きてしまったのでしょうか…

レオ君絶対負けないで!

 

11月28日 2回目の診察

症状から後期の診断に変更になり…

もうこの時のショックは図り知れなかったです。

いったいどうしたら良いものか…

レオ君もこんなに痩せてしまいました。

後期という事でMUTIAN投薬量は体重の2倍の量に。

また完治する確率が下がり再発の可能性が高くなる。

投与量も増えるので治療費もますます高額に。

治る保証がない上、高額な治療費を我が家に払い続けられるかどうかも不安で、正直諦める…と言う言葉も脳裏に浮かびました。

ですがやっぱり可能性が0でないなら最後まで続けてあげたい!助けてあげたい!まだまだ一緒にいたい!!

この頃は尿は歩きながらしてしまい、便もトイレで出来ない状態が続いたので、部屋にペットシーツを敷き詰めてみたり、オムツを付けてみたりと試行錯誤の毎日でした。

尿に関しては自力で出せなくなっているようで膀胱に溜まって溢れたものが垂れてしまってたようで。

朝晩膀胱を押して出してあげないと膀胱炎になります!と言われ押し方を教えてもらいました。

やってみるとどんどん出てきて…

レオ君はとても辛そうでしたが頑張ってくれ、薬も効いてきたのか数日でトイレで出来る様に。

ただ便はなかなか厳しかったです。

オムツをしているとお尻も汚れてしまうのでシャンプーしなければならず、マット類も汚れてほぼ一日中お世話や洗濯に追われる事に。

これがいつまで続くのだろう?と正直とても疲れていました。

ですが寛解を信じて頑張る事しか出来ず。

 

 

12月1日

MUTIANの副作用なのか下痢をしてしまい病院へ

点滴を打ち整腸剤をいただきました。

下痢をすると薬の成分が一緒に流れ出てしまうらしいので、気をつけないといけません。

 

12月5日 3回目の診察

血液検査の結果、数値が大分良くなったとの報告。

貧血も大分回復してるようです。

エコー検査の結果、腹水はほぼ無くなったと嬉しい結果に。

下痢ももう大丈夫です。

ただ肝臓の数値が異様に高くなり、(これはMUTIAN飲んでる子は多いようですね)肝臓の薬が追加に。

食欲も旺盛で病気を発症する前よりも更にパワフルになった気がします!

夜の運動会も再開しました。

ただ、便は未だ時々歩きながら出してしまったりとまだ神経の異常は残っているようです。

 

 

11月20日よりMUTIAN投与を始めました。

終了は2021年2月11日の予定です。

 

MUTIANは12週間(84日間)同じ時間に毎日飲み続けなければいけません。

体重の増加に合わせてMUTIANの量も増加されます。

💊1錠(100g)税込みで2640円

12月11日現在は3錠(300g)飲んでいるので1日7920円。

ですが体重が1.4kgになったのであと100 g増えたらMUTIAN50 g増え1日9240円に。

1.75kgを超えたら更に50 g増え1日10560円になります。

現在5ヶ月なのでまだまだ成長期です。

食欲が戻ったので現在、体重もどんどん増えています。

見込みですがMUTIAN代だけで100万円前後かかると思われます。

その他諸費用はこちらで準備いたしますので高額なMUTIAN代の協力をお願い出来れば幸いです。

レオ君、頑張っています!

もちろん私達家族も頑張っています!

どうかレオ君を助ける為に皆様のご支援宜しくお願い致します。

ツイッターにて経過報告して参りますので、宜しくお願いいたします。

 

 

『その後の経過報告』

12/21より体重増加によりMUTIAN50g増量

1日350g投薬

1日のMUTIAN代9240円になりました。

健康状態は至って良好です!

トイレの失敗もなくなりました。

 

12/23

お鼻の毛が抜けてしまい、診察。

詳しい検査結果は後日分かりますが、真菌だろうとの事で塗り薬をつけ始めました。

FIPで抵抗力が落ちていたのも原因の一つかもとの事でした。

可愛いお顔が可愛そう

早く良くなりますように!

 

1/2    4度目の診察

高かった肝臓の数値も下がり、問題ないとの診断

とりあえずは一安心です。

食欲も旺盛で体重もどんどん増えております。

このまま寛解に向かいますように!

 

1/5  体重1750gを超えMUTIAN400g投与する事に。

1日のMUTIAN代10560円になりました。

 

1/12 先日受けた血液検査の結果が届きました。

経過は良好なようです。

本当に良かった〜!

 

1/16 今日は診察はありませんが、2週間分のMUTIANを処方してもらいに病気へ

 

1/19 体重2000gを超えた為、MUTIAN 450gに増加。

1日のMUTIAN代11880円になりました。

レオ君は毎日寛解に向け沢山の投薬、頑張っおります。

 

1/30 診察に行ってきました。

 

とても心配でしたが結果は良好のようです。

エコー検査もしましたが、いびつになっていた腎臓は綺麗な形になり、そのほかの内蔵も問題ないようです!

 

後期の診断だったレオ君、発症当時は食欲もなく走り回ったり出来ず、トイレも失敗しておりました。

今では追いつけないほどの勢いで走り回りもうトイレを失敗する事もありません。

食欲も旺盛で、毎日10〜多いと35gほど増える事も。

順調に回復に向かってます。

 

2/1  体重増加によりMUTIAN投与量500gに。

1日の治療費13200円なります。

 

先日受けた血液検査の結果です。

順調という事で予定通り2/11までの投薬になります。

 

Twitterも更新しておりますが、また次回診察後、こちらでも追加の報告させていただきます。

宜しくお願い致します。

 

1/16よりInstagramも開始しました。

(@reokun0630)

そちらもでも随時報告して参ります。

宜しくお願い致します。

 

 

※MUTIANは日本において動物医薬品として承認されておりません。協力病院との相談の上で自己責任としての投与であり、全てのFIPの猫ちゃんにMUTIANが有効であるという趣旨ではないことご了承ください。

 

リターン

¥1,000

お礼のメール、Twitter(@reokun0630)での経過報告とさせていただきます。

リターンは無効です。
28 支援者

¥3,000

お礼のメール、Twitterでの経過報告とさせていただきます。

リターンは無効です。
17 支援者

¥5,000

お礼のメール、Twitterでの経過報告とさせていただきます

リターンは無効です。
14 支援者

¥10,000

レオ君オリジナルのポストカードやキーホルダーを考えております。(変更する場合がございます)
不要の方はお申し出下さい。
※画像はイメージです

リターンは無効です。
12 支援者

¥30,000

レオ君オリジナルのポストカードやキーホルダーを考えております。(変更する場合がございます)
不要な方はお申し出下さい。
※画像はイメージです

リターンは無効です。
0 支援者

¥50,000

レオ君オリジナルのポストカードやキーホルダー等で考えております。(変更する場合がございます)必要のない方はお申し出下さい。
※画像はイメージです

リターンは無効です。
0 支援者
  • 経過報告

    MUTIAN投与開始から32日目
    体重が1530gになり本日よりMUTIAN 50g増量になります。

レビュー

レビューはまだありません。

“《プロジェクト終了》FIP伝染性腹膜炎と診断されたレオ君を助けたい!” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です