《残り時間と簡単な説明》

ご支援いただきました皆様には、心ばかりですが返礼品としてお礼のメールやお手紙と一緒にお返しさせていただきます。

死の宣告、FIPの診断を受けた茶々丸を助けたいです!c66

by yamazaki akiko

  • ¥1,000,000

    目標金額
  • ¥0

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 目標額

    プロジェクト終了
達成率 :
0%
最小金額は¥ 最大金額は¥
¥
アバター

yamazaki akiko

1 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

プロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。茶々丸の飼い主、山崎と申します。

現在、3匹の猫と大型犬1匹と暮らしております。

我が家にいる猫の中で一番若い3歳になったばかりの茶々丸が難病である猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症してしまいました。

この子を助けたい、命を繋ぎたいと思い、皆様にご支援のお願いをさせていただくことに致しました。

茶々丸は里親募集で我が家に来ました。元気に過ごしておりましたが体調を崩し、体重減少や嘔吐があり、受診しました。

体調が悪くなり、一度受診をした時点では、2020年12月でした。かかりつけの動物病院でFIPの可能性があると言われ、詳しい検査はしてみないと断定はできないので分からないとのことでした。また検査も「胸水があるかお腹に針を刺すことになるので全くリスクはないわけではないので、飼い主さん次第です。」といわれ、その時は茶々丸に辛い思いをさせてまで…と考え、すぐには検査はしませんでした。それから今思えば奇跡的に茶々丸は、一旦体調が戻り食欲も少し戻り、なんとか過ごしていました。私もFIPではなかったのだろうと思っておりました。

しかし、また最近、食欲が無くなり食べるのもやっと。飲み込むのが辛いのか、頭を傾げながら食べる日々でした。飲み込むのに息を止めて食べているのだろうとかかりつけの獣医師の先生は言いました。今は固形のものは食べられずムースタイプのものをやっと少しずつ食べています。痩せてきており、骨が見える状態でしたが体重は少し増えていました。

レントゲンを取り、やはり胸水が溜まっていました。体重が少し増えていたのも胸水のせいでした。胸水を取り、詳しい検査に出したところFIPの診断がつきました。

症状は進行しており、呼吸も苦しい様子でやっと肩で呼吸をしているような状態です。

獣医師の先生には、茶々丸の余命はわずかだろうと、いつ亡くなってもおかしくないと言われました。一度、FIPの疑いがありましたが、ここまで体調がもってくれていたこと自体、奇跡でした。

「猫伝染性腹膜炎(FIP)」とは

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫、特に子猫の命に関わる重篤な疾患です。確定診断が困難で、効果的な治療がわかっておらず、予防法も確立されていない、猫にとって最も恐ろしい疾患ともいえます。若くして発症し、発症した場合は亡くなる可能性が非常に高い疾患です。

症状として発熱、沈うつ、食欲不振、体重減少、黄疸、腹水でおなかがふくれるなどの症状が起こり、進行が速いと診断後1ヶ月以内で亡くなることも少なくありません。

「猫伝染性腹膜炎(FIP)」の原因は?

猫伝染性腹膜炎の原因となるのは、「猫伝染性腹膜炎ウイルス」というウイルスで、これは、「猫腸コロナウイルス」が変異を起こして強毒化したものです。

FIP、(猫伝染性腹膜炎)は長年、効果的な治療法はなく死の宣告と言われてきた猫の病気です。

死の病と言われていましたが近年、FIPに効くと言われる新薬のムティアン(MUTIAN)があることを知りました。効果はあるとされていますが日本ではまだ、未承認薬のため保険適用外とされ、とても高額な薬代になります。その投薬を84日間、同じ時間に飲ませることが必要となります。

残念ながら、私のいる県内ではこの薬を取り扱っている病院はなく、県外へ行かなければ受診、薬の購入はできませんでした。個人輸入も専用サイトでは出来るようですが、時間が掛かることやどれくらいの量が必要かなど全く分からないため、片道4時間掛かる県外の動物病院へ行くことにしました。

辛そうにしている茶々丸を助けたい思いでムティアン(MUTIAN)の治療を始めることにしましたが、当初、投薬を始めるにあたり胸水が溜まっていたため、エコーが取れていません。胸水が溜まっていることと、呼吸状態が悪くエコー中に具合いが更に悪化することが考えられ、ウエットタイプか肉芽腫がある混合タイプかは今ここで調べられないと獣医師から言われました。

確実な断定が出来ていないため、まずは一番薬の量を多くし、投薬することになりました。今後の体重の増減により投薬量が変わるため、ネットなどで調べていた投薬代が当初の予想より遥かに超えることが分かりました。

だからといって、途中で辞めることはとても出来ません。どうか皆様からの温かいご支援で治療を継続させていただけないでしょうか?

茶々丸が去年の年末にFIPを疑われ、進行が早いと1ヶ月と持たずと亡くなってしまうことがある病気でした。ここまで生きていられたこと自体が奇跡です。どうかこの奇跡を、茶々丸の命を繋ぐことができれば、同じFIPで苦しむ飼い主さんや猫ちゃんへの希望、そしてFIPの今後の治療への役に立てるかもしれないと思い、プロジェクトに応募しました。FIPが致死率の高い病気ではなく、治すことができる病気になることを願っています。

茶々丸のため私たち家族、人間の生活は切り詰めましたが、他の猫や犬たちの生活もあり、高額な薬代は厳しい状況です。

茶々丸と同様に他の子たちも守らなければならず、お恥ずかしながら、私たち家族だけでは茶々丸を助けられません。

生きようと頑張っている茶々丸をどうしても助けたいです。

茶々丸は我が家では一番若い子です。FIPは一般的には2歳未満の若い子、仔猫がかかってしまうことが多い病気ですが、茶々丸も苦しいながらも何とかここまで生きてきました。やっと3歳を迎えられた茶々丸にどうか温かいご支援をお願い致します。

【資金の使い道】

ご協力いただきました金額は、ムティアン(MUTIAN)の購入費、病院での通院、検査代等、茶々丸にすべて充てさせていただにます。体重は現在、2.85kgですが14日分の薬代の他に吐き出した際に再度飲ませるために予備として3日分の薬をもらっております。最大量の薬を飲んでいるため、体調により減っていくかと思いますが、17日分で24万円の薬代です。(受診、検査費用含まず)

今後体重が増加していけば、また必要量も増えます。薬代だけでも約100万以上かかる計算になります。

他にも定期的に血液検査など費用がかかります。

使わせていただいた費用の明細は随時、ご報告致します。

リターン

¥1,000

感謝の気持ちを込めまして画像付きのお礼のメールをお送り致します。
※ご指定のメールアドレスにお送りします。

0 支援者

¥3,000

感謝の気持ちを込めまして、お礼のお手紙に茶々丸の写真を1枚同封してお送りさせていただきます。
※ご指定のご住所にお送り致します。また、写真はランダムです。

0 支援者

¥5,000

感謝の気持ちを込めまして、お礼のお手紙と茶々丸の写真1枚とハンドタオル(有名メーカー)をお送り致します。
※ご指定の住所にお送り致します。また、写真はランダムです。

0 支援者

¥10,000

感謝の気持ちを込めまして、お礼のお手紙と茶々丸の写真2枚とポストカード1枚、フェイスタオル(有名メーカー)を同封してお送り致します。
※ご指定のご住所にお送りします。また、写真はランダムです。

0 支援者

¥30,000

感謝の気持ちを込めまして、お礼のお手紙と茶々丸の写真3枚とポストカード3枚、フェイスタオル、バスタオル(有名メーカー)を同封してお送り致します。
※ご指定のご住所にお送りします。また、写真はランダムです。

0 支援者

¥50,000

感謝の気持ちを込めまして、お礼のお手紙と茶々丸の写真3枚とポストカード3枚、ハンドタオル2枚、フェイスタオル2枚、バスタオル(有名メーカー)を同封してお送り致します。
※ご指定のご住所にお送りします。また、写真はランダムです。

0 支援者

レビュー

レビューはまだありません。

“死の宣告、FIPの診断を受けた茶々丸を助けたいです!c66” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です