《残り時間と簡単な説明》

愛犬のチワワのてん君(10歳男の子)は、僧帽弁閉鎖不全症で肺水腫を患ってます。

2020年の4月にフィラリアの予防接種で病院に行った時、心臓の雑音があり診断されました。

本来なら服薬で進行をゆっくり抑えながらになるのですが、てん君は進行がかなり早く肺水腫を起こしました。

現在心臓の肥大も血液の逆流も多く肺水腫を21日間の間に3回起こし今もなお入院してるため、かなりの重度でステージCだけどDに限りなく近い。1度肺水腫を起こすと余命8~9ヶ月程で、てん君は3回もなっているので非常に危険で、いつ亡くなってもおかしくない、早急に手術が必要と手術が出来る病院の循環器専門医に言われました。

しかし手術費はかなり高額でシングルマザーで子供が1人いる私が捻出できる金額ではありません。3回肺水腫になる度に1週間以上入院したりして、他の病気を併発してそちらの治療費などで少しでもと貯めていた貯金も底をつき毎日の生活もギリギリになってます。こうしてプロジェクトを立ち上げてる最中の今もてん君は入院してます。手術をするまでの間も必要となります。

手術をする事で合併症などのリスクもありますが、手術自体の成功率は高く、救える方法があるのを諦める事が出来ず、毎晩泣きながら何か方法がないかと探してた所、こちらのクラウドファンディングを知りました。

恥ずかしながら飼い主としての責任が果たせず てん君に申し訳なく思ってます。

皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか?

どうかてん君を助けてください。よろしくお願いいたします。

 

【手術・検査・治療費のご支援お願いします】僧帽弁閉鎖不全症で肺水腫を3回起こし早急に手術が必要なてん君を助けてください。

by てんママ

  • ¥2,170,000

    目標金額
  • ¥0

    支援金額
  • 0

    残り日数
  • 目標額

    プロジェクト終了
達成率 :
0%
最小金額は¥ 最大金額は¥
¥
, 日本
アバター

てんママ

2 プロジェクト | 0 支持されたプロジェクト

自己紹介をみる

☆彡プロジェクトストーリー☆彡

▼ご挨拶

初めまして。こちらのページを見ていただき誠にありがとうございます。

長文になりますが、最後まで読んで頂けましたら幸いです。

我が家の愛犬の名前はてん君と言います。ロングコートチワワの10歳の男の子です。

とっても人見知りで怖がりでビビりです。でも雷は平気。

これまで僧帽弁閉鎖不全症以外にも前十字靭帯断裂・尿結石・頭部の皮下出血と大変な思いをしながら治療を頑張ってきました。

 

▼我が家に来たきっかけ

私の母がシーズー(ムクちゃん)とロングコートでブラックタンのチワワ(ゆず君)を飼っていましたが2匹の年齢が9歳差という事もあり一緒に遊ばず「ゆず君がつまらなそうだから一緒に遊べる年齢の近い子が欲しいの」と言うことでてん君を迎え入れました。

迎え入れて3年、母に膵臓癌が見つかり1年程で亡くなりました。

母が亡くなった為、犬達は私が引き取り面倒をみていく事に。

 

▼引き取ってから

ムクちゃんが老衰となり立ち上がる事、体を起こす事も出来なくなり食事や排せつなど全てを介護しながらチワワ2匹のお世話も1人でしてました。

翌年の母が亡くなった同じ季節にムクちゃん14歳が亡くなり、その8日後にゆず君5歳が突然亡くなりました。脳の病気です。

短期間で1匹になってしまったてん君は、すっかり食欲がなくなりご飯を食べなくなりました。

私自身も母が他界した事、1週間のうちにまさか愛犬2匹を亡くしたという事が とても信じられずショックでした。

他界した母と犬達の仏壇に声をかけると皆に会いたくて寂しくて思い出してしまい泣いているとてん君は急いで駆け寄って来て涙を舐めにきて慰めてくれました。

それは今でもしてくれます。優しい子です。私が元気になっていったのもてん君が居てくれたからです。

てん君も私も時間がかかりましたが、徐々に元気と食欲を取り戻しつつ、いつも一緒に居るのが当たり前になりました。どこへ行くのも一緒です。

時々てん君に「ゆず君の分も長生きしようね!」と言ってました。

てん君は母とムクちゃんとゆず君の形見のような子だと思ってます。

かけがえのない存在で我が家の大事な家族です。どうか助けて下さい!

 

▼僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症は左心房から左心室に血液が流れる時に通過する弁に異常の起こる病気です。弁は2枚で構成されてます。僧帽弁といいます。左心房から左心室に血液が一方通行に流れる時だけ開きます。なので正常な場合逆流しません。その僧帽弁がもろくなったりして弁の閉鎖機能が悪くなり本来の血液の流れとは逆に左心室から左心房に血液が逆流してしまいます。(てん君は、その僧帽弁を動かしてる健索が切れてしいて弁がそっくり返ってます。大きな隙間が出来てしまい1㎝開いてると言われました。)

隙間が開いてるため逆流してしまい本来の血液量より減った量が流れるので、心臓をもっと動かしてたくさん血液を流そうとします。そうなると心拍も早くなり心臓が一生懸命頑張り過ぎて心臓が疲れて肥大してしまいます。

 

▼肺水腫とは

頑張っている心臓の力が弱くなり、心臓から血液がしっかり流れていかないので、どんどん溜まり行き場の無い血液が肺に流れていきます。毛細血管に血液がたまり、その後毛細血管から溢れた血液中の水分が肺の中にたまります。肺水腫は、陸で水に溺れた様な状態です。とても苦しく呼吸も荒くります。

重度になると 安静にしてても咳が出る・突然倒れる・呼吸困難・酸素濃度の低下でチアノーゼを起こします。そして心不全と肺水腫を繰り返していく事で体力と心臓が限界となり亡くなります。

 

▼僧帽弁閉鎖不全症と診断されてからこれまでの経緯

2020年

4月

フィラリアの注射をしに病院に行った時に心雑音があるといわれ僧帽弁閉鎖不全症ステージB1と診断され、エースワーカー1日1回1錠の内服を開始。

2021年

1月

血尿が見られ膀胱内にストラバイトとシュウ酸カルシウムの両方の結石を発見し治療。食事療法の他にウロアクトを飲み始める。心臓エコー検査では悪化は見られずステージB1のまま。

 

4月15日18日

体重が減少し血液検査・心臓エコー検査をしたところ心臓の状態悪化。ステージB2に。今まで飲んでたエースワーカーの他にピモベハート1日2回朝晩1錠ずつの内服を開始。

 

5月2日

心臓エコー検査。ピモベハートの効果を確認し継続。

 

6月1日

チアノーゼ気味に。レントゲン検査をして肺水腫ではなかったが、心臓の肥大したサイズからステージCに。

(↓レントゲン画像の撮影・投稿の許可は病院で頂いております)

 

7月13日

心臓エコー検査。悪化見られず。

 

8月31日

発作が出て倒れる。失神。病院で診察。

 

10月9日

脳の皮下出血で痙攣発作が出て夜間救急病院へ行き入院。

↓皮下出血で頭部や顔が浮腫んでます。

 

10月12日

心臓の定期検査で 心臓のうっ血傾向がありエースワーカーとピモベハートの他に利尿剤のラシックスが追加された。ラシックス1日2回朝晩4分の1ずつ服用開始。今後血液検査で腎臓の数値も注意していかなければならない。

 

10月19日

心臓エコー検査、血液検査で腎臓数値チェック。心臓エコー検査で利尿剤の効果確認。

 

10月29日

咳もするし呼吸も荒く1分間に50回心拍150回を超える(犬の正常時の1分間の呼吸数は20回前後、心拍数は小型犬で60~80回)レントゲン検査で胸水は認められたが肺水腫の断定出来ず「肺水腫なりかけ」と言われる。入院せずにお薬を貰い帰宅。

 

10月30日

前日の夜中から苦しそうで眠れずお座りの状態のまま首を上に伸ばして肩で息をしてる感じに。呼吸がかなり荒くて急いで病院へ。診察の結果、急性肺水腫になり利尿剤、昇圧剤の点滴をしながら酸素室に。とうとう不安だった肺水腫1回目になってしまいました。ラシックス4分の1錠だったのが2分の1錠に増量して服用する事に。

 

「肺水腫の他に肺炎にもなってます。肺炎も併発してるので相当苦しいと思います。今日は帰せません。入院となります。かなり危険なので覚悟しておいてください」

 

と言われてしまい私は帰りながら、てん君を失うかもしれないという恐怖と悲しみと辛さで大泣きしました。

てん君がいつ退院して帰ってきてもいいように酸素室のレンタルをすぐ頼み自宅に設置しました。

かかりつけの病院は、夜間誰もいないため 朝になってたら亡くなってた・・・なんて事もありえると聞き、不安で押しつぶされそうでした。

 

↓肺炎の場所をかかりつけの病院の担当医が指で教えてくれてるとこ。

↓肺水腫1回目の血液検査※掲載にあたって病院には確認済ですが病院の希望で病院名など伏せてます。

 

10月31日 

呼吸状態が少し安定したので自宅に酸素室があるならと退院。肺水腫は少し良くなり肺炎はまだある状態。抗生剤の注射をしてもらいました。

↓私の姿をみて早く帰りたいとおねだり。よく頑張ったね!

↓自宅のレンタル酸素室

 

↓酸素室レンタル代

基本料金5500円 配送料6600円 10月30日と31日で2200円合計14300円 次回から1か月15日以上使用で毎月16500円ずつかかります。

↓(個人情報が書いてあるのと口座番号も書いてあるのでレンタル業者の住所なども隠してあります。ご了承ください)

 

 

11月5日

肺水腫はだいぶ治まってはいるが まだ咳もするし肺炎がある状態。部屋では酸素室に入って安静に。呼吸数が多く辛そうにしてるので不安で退院してから1週間に3回も病院に行ったりしました。水分量は1日200~300以内でと言われてます。ご飯はあまり食べてくれません。食べても半分しか食べません。3,9㎏あった体重も3.4㎏に・・・。

 

11月1日

呼吸数が60~70と荒く心配になり病院へ。レントゲンの結果問題なし。一安心して帰宅。

 

11月13日

夜中から苦しくて寝れないのかウロウロしたりお座りの状態で首を上に伸ばして呼吸する。朝1で病院へ。肺水腫2回目になってしまいました。

↓肺水腫2回目の血液検査※掲載にあたって病院には確認済ですが病院の希望で病院名など伏せてます。

↓肺水腫2回目のレントゲン

 

11月18日

肺水腫2回目もなんとか6日間の入院で落ち着き退院。

朝方から呼吸荒いが、寝れてる様だったので様子見た。でも気になり開院する前に病院に行き酸素室に入れてもらい診察。肺水腫3回目だった。退院した翌日にまたすぐなるなんて・・・。

↓肺水腫3回目の血液検査※掲載にあたって病院には確認済ですが病院の希望で病院名など伏せてます。

↓肺水腫3回目のレントゲン

↓今までの領収書とお薬の1部です。※掲載にあたって病院には確認済ですが病院の希望で病院名など伏せてます。

 

 

 

↓処方箋※ピモベハート・エースワーカー・ラシックス※掲載にあたって病院には確認済ですが病院の希望で病院名など伏せてます。

11月現在のお薬の量は、ピモベハートが最大限量の朝昼晩と1.5錠ずつ。これ以上飲めません。ラシックスは朝晩1.5錠ずつ。エースワーカーは休薬中。

 

11月21日

JASMINEどうぶつ総合医療センターで術前検査を受けれるのは1か月後とかになるかと思いながらも かかりつけの担当医が、状況を説明して予約を取れるか聞いてみようと一応電話をかけてみたら翌日なら空いてると言われ急遽行くことに。

担当医も私もあまりにも突然過ぎて驚きながらかかりつけ医の病院を利用してるブリーダーさんがポータブルの酸素濃縮器を貸してくださる事になり、おかげで酸素室ごとかかりつけの病院からJASMINEどうぶつ総合医療センターまで行ける事に。

 

11月22日

朝10時にかかりつけの病院へ行き、借りた濃縮器を車の後部座席に置いた酸素室にセットして、行く直前にてん君にラシックスの注射をして出発。途中呼吸が荒くなり酸素室が湿気で結露。時々空気を入れ替えながら気をつけた。

13時頃にJASMINEどうぶつ総合医療センター着。予約より1時間早く着いてしまったが、受付に声をかけて呼吸が荒いのを伝え、先にてん君だけ酸素室に入れてもらう。

JASMINEどうぶつ総合医療センターの担当医師に呼ばれ挨拶を交わし、帰りの時間も考えて早めに検査を始めてくれた。

検査が終わり、急いで高速に乗り そのままかかりつけの病院に行って、てん君はそのまままた入院。未だに入院してます。退院のめどはまだ立ってません。

 

↓JASMINEどうぶつ総合医療センターで検査

 

 

 

今現在、てん君はかかりつけ医の病院に入院してます。

てん君の症状は僧帽弁閉鎖不全症ステージCだけどほぼほぼD寄りで、心臓がかなり大きく弁の隙間が大きく開いてる為 血液の逆流が多いそうです。そして併発症として三尖弁閉鎖不全症・気管支軟化症です。そして利尿剤による脱水症状になりかけてるそうです。

↓心臓エコー画像の緑色の部分が血液が逆流してるのを表してます。正常な心臓は緑色は出ません。

 

▼実現したいこと

神奈川県横浜市にあるJASMINEどうぶつ総合医療センターで心臓の僧帽弁修復術(腱索再建術と弁輪縫縮術)を受けたいです。

11月22日にJASMINEどうぶつ総合医療センターで年間300件この手術をして退院できるのが96~97%だと聞きました。

この手術が出来る病院の数も限られ行える医師が少ないです。

合併症などもあってリスクもありますが、生きれる可能性があるならどうしても手術を受けさせてあげたいです。

高額だけど何とかして受けさせてあげたい。「犬にそんな高額な手術するの?」と言われた事もあります。だけど私は、諦めきれません。犬だからじゃなくて家族だから受けさせて助けたいんです。

 

▼資金の使い道

術前の検査 ………. 10万5061円(税込)
手術費用 …………. 143万円(税込)
入院費用 …………. 1週間40~50万円(税込)
術後検査 …………. 1回6万円×4回で24万円(1・3・6か月・1年)

入院費用につきましては術後の容態などにより期間が長引くなどで変動があると説明を受けました。

合計すると217万~227万5061円となりかなりの高額です。

今回、All-in方式で支援を募集せて頂くため、支援金が目標額に届かず費用が足りない場合でも、皆さまへのリターンは、必ず実行することを約束致します。

もし多くのご支援を頂き、余剰金が発生する場合には、その後のてん君の治療や健康の為に使わせて頂きたいと思ってます。

また、こんなことは考えたくはありませんが、万が一、手術前・術中・術後に容態が急変し、急死してしまった場合など、ご支援金を手術・治療・検査のために充てることができなくなってしまった時は、その際にかかるであろう救命治療やその後の葬儀にかかる費用などに充てさせて頂きます。ご了承ください。

 

シングルマザーで心臓病。今現在 長期入院を繰り返してるてん君の治療費・入院費・JASMINEどうぶつ総合医療センターに酸素室で行く為のバッテリー購入などで ギリギリの生活をしています。

どれだけ入院・治療費でかかってるのかというと直近を例に11月13日から30日までの入院で20万程支払います。

ステージDにほぼほぼ近いてん君は、早急に手術が必要で緊急枠に入れられてます。

空きがあったらすぐ手術となるでしょう。

そのため手術・検査・治療費を捻出する当てもなく時間もありません。次にまた肺水腫となると4回目になります。考えたくもありませんが、4回目となると今でさえ限界に近いと言われてるのだから最後になるかもしれません。

JASMINEどうぶつ総合医療センターの担当医には「1日でも早いほうがいい」と言われてます。

 

手術が出来たら 安静に過ごしながらシャンプーやカットをしてあげたい。

今は心臓の負担になるので出来ません。

そして大好きなお散歩もしてあげたいです。

まだまだ一緒にいたい。

名前  :てん

犬種  :ロングコートチワワ

生年月日:2011年6月10日

性別  :男の子

性格  :おとなしい・怖がり・人見知り

好きな事:私と一緒に車に乗っておでかけ・自分のベッドに鼻先を埋めて寝る事

嫌いな事:シャンプー・大きな音・ドライヤー

 

▼最後に

本来なら飼い主が責任を持って用意しなければならないのですが、今までの入院・治療費等で使ってしまい、今回のような高額な手術・治療・検査費を用意できません。

皆様のお力が必要です。

そして皆様からご支援いただいた費用はすべて手術と手術後に関わる治療や検査費用等に当てさせていただきます。

3回も肺水腫になりながらも頑張っているてん君を助けてください。

皆様のお力をお貸しください。どうぞよろしくお願い致します。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

長文、失礼しました。

ご支援・拡散等 ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“【手術・検査・治療費のご支援お願いします】僧帽弁閉鎖不全症で肺水腫を3回起こし早急に手術が必要なてん君を助けてください。” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です