FIP&水頭症のちー。8/18までの活動報告

インスタグラム及びTwitterでは日々のちーの状況を発信しておりましたが
運営様より本サイトでも活動報告の投稿が可能になったとのことでこちらにちーの最新状況を投稿させていただきます。

プロジェクトは↓

8/5 スタート!致死率99%の病(FIP)と水頭症を患ってしまった愛猫ちーを救いたいですc51

もくじ
1.8/18までの費用明細 2.8/18までの合計支援金額 3.ちーの最新状況

1.現在までの医療費用合計(未承認薬、診療、手術代含む)です(交通費除く)
今までに4つの病院にお世話になっています。

7月15日 3960円 触診・注射・内服 <近隣病院>
7月16日 10450円 採血・炎症マーカー <近隣病院>
7月16日 5280円 眼圧・痙攣・ステロイド <近隣病院>
7月16日 12100円 深夜診察 <MRI病院>
7月17日 89650円 MRI脳検査 <MRI病院>
7月17日 990円 イソバイド追加 <MRI病院>
7月22日 136510円 MUTIAN <協力病院>
7月22日 88534円  MUTIAN <個人輸入>
7月24日 102740円 MUTIAN <協力病院>
7月28日 167700円 GS441 <個人輸入>
7月29日 880円 健診 <近隣病院>
8月5日 550163円 手術及び入院薬代(7/28分) <大学病院>
8月5日 3300円 針シリンジ30日分 <近隣病院>
8月6日 40194円 FIP検査・薬代 <大学病院>
8月12日 34348円 PCR・血液・エコー・SAA・AG検査代 <協力病院>
計:124万6799円

<明細リンク>

ちー医療費請求書(7月30日まで)

ちー医療費請求書(8月11日まで)

ちー医療費請求書(8月12日)

今後は未承認薬の追加分(約20万円)、追加のMRI(約10万円)、診療、検査代金(20万円)で50万円ほどかかる見込みで当初予測の150万円という金額を30万円弱程超える可能性が出てきました。

2.8/18までの合計支援額

本日でクラファン開設して13日が経過し、目標金額100万円に対し本日までに25万7千円ご支援いただいています。
様々な方にちーのことを気にしていただき、また支援していただき本当にありがとうございます。
期日まで30日を切ってしまいましたが引き続きよろしくお願いします。以下支援の明細になります。

8/5
M.M様 5000円
M.S様 3000円

8/7
K.R様 1000円

8/8
M.N様 3000円
K.O様 2000円

8/10
T.T様 1000円
M.S様 3000円
S.M様 30000円

8/11
Q.R.K様 1000円
C.O様 50000円
K.T様 5000円

8/12
S.A様 10000円

8/13
M.S様 100000円
S.M様 30000円

8/16
M.M様 2000円

8/18
C&B様 1000円

小計 24,7000円

直接支援
8/12
M.I様 2000円

8/14
A様 2000円
Y様 1000円

8/16
N.Y様 5000円

小計 10,000円

3.ちーの最新状況(8/18現在)
最後にちーの現在の状況です。

クラファンを開設した当時の文章が完成したのが8月2、3日あたりでした。そして5日に開設していただいています。
ちょうど開設できた日の午前中に抜糸と経過観察のために大学病院に行きました。
そこでは特に問題なく抜糸もでき、血液検査やその他の検査結果では非常に順調で数値的には明らかに改善していました。
前日が最後のMutianの投薬でしたのでこの日からGSに切り替えることになり、始めて自分たちで注射しました。

調子が悪くなったのが8月10日です。
この日の午前中は90センチくらいの棚もジャンプして超えるくらい回復していました。
体調が悪くなって初めて猫じゃらしで遊んだりもしたので家族全員で薬の効果を実感し喜んでいた矢先でした。
18時の注射時にいつもならチュールで気を紛らわせていましたがその日の食いつきはあまりよくありませんでした。

08-11当時のふらついた様子

そして注射後にセラーの人から勧められた肝臓のサプリメントを飲ませた直後に激しく嘔吐しふらついてその日は全く歩けないくらい体調が悪化してしまいました。

次の日の8/11も体調がよくなる気配はなく、食事も水も飲まず急速に衰弱しているように見えました。
主な症状は酔っぱらっているかのようなふらつき、嘔吐(1回でしたが)、食欲不振、元気不振でした。
これが何に由来するものか不明だったのですがネットで調べると猫の前庭障害というものに近いようでした。
三半規管や脳の異常から生じるとのことだったのでまさにちーの脳の手術由来の気も素人ながら感じました。
というのも手術直後に大学の先生から小脳付近の水が抜き切れておらずふらつき等の後遺症が残ると言われたからです。

ただ、診察してもらいたくてもちょうどお盆で大学病院はおろか近隣の動物病院さえ軒並み休みの状態だったので、
薬剤のセラーの人と相談し、FIP由来である可能性であれば最悪なので金銭的には痛かったですが投薬量を増やすことで様子を見ることにしました。

8/12
投薬量を増やした効果か、時間で回復しているのかはわかりませんでしたが
ふらつきはだいぶ収まり、まだジャンプはできませんが階段の上り下りもふらふらとし始めました。
家の中を徘徊しだしたので元気が出てきたようにも見えました。
夕方に協力病院にいき、この日に血液&コロナ検査を実施しました。血液検査はほぼ異常なし。
後日送られてきたコロナ検査もウィルスは検出されなかったので薬が効いているようです。

8/13-18
ちーの体調は日に日によくなっていました。
ふらつきはまだ取れませんが、椅子に座ってると膝までジャンプして定位置の窓に飛び乗るまでに回復しています。

23日に大学病院に検査をしに行くのでまた日をおいて報告します。

インスタグラム及びTwitterでは日々状況を更新しておりますのでそちらも合わせてみて頂けると幸いです。

【Twitter】https://twitter.com/chi_chirin2

【Instagram】https://www.instagram.com/chi.chirinchirin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です