餌やりに対する誤解

「野良猫に餌をやるのはよくない事」
こんな誤解をしておられる方がいますが…
無責任・無秩序に餌やりして猫を増やすだけの人と、野良猫が増え過ぎないようにTNRを予定して餌やりをする人とは全く違います。

ラリマーのメンバー・TNR協力ボランティアたちからこんな話を聞きました。
「連日何者かが残飯を置き去りにしている」
「それを片付けているのに、知らない人から私たちが怒られる」
とても迷惑な話です。

↑この画像は昨日の朝に発見された残飯。
こういうのが島内のあちこちで見つかっています。
置き去りにした人物は猫に関する知識が無いのか、嫌がらせでやっているのか、どちらかでしょう。

TNR活動をしている人の餌やりは、残飯なんてあげません。
キャットフードを適量与えて、帰る時には掃除をしています。
ラリマーが管理する地域猫指定区は、行政の許可を受けた場所です。
その場所に残飯を置く人物がいたら、不法投棄として通報します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です