FIP(猫伝染性腹膜炎)闘病経過①

 

本日は退院してから①度目の検査のため病院へ行って参りました。血液検査の結果、発症時は脱水、貧血を起こしていたものの今日は正常値に戻っていたのでひとまず安心しました。

6月24日

6月30日

 

まだ総蛋白の値は高いままですがMutian(治療薬)の効果がこちらの値に顕著に現れるのは投与開始から2週間後が目安とのこと。(現在入院時の投薬含め9日目です)現状高いままでも問題はないそうです。次の診察時には腫瘍が小さくなって総蛋白の値も低くなってくると先生が言ってくださったので回復の兆しが見えて来ました。

 

さっそく本日治療費の支援頂いた方、本当にありがとうございます。毎週薬代だけで12万弱の費用がかかるので少しでもご支援いただけると助かります。

 

順調に寛解に向かっているようでこれからもうに♂と一緒に頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です