10/15 FIP闘病猫てん 血液検査結果とプロジェクト期間延長のご報告

こんにちはTENandZENです。

いつも温かいご支援、応援をいただきありがとうございます。私どものプロジェクト詳細はこちらです。↓

※9/6スタート 致死率約100%【FIP】を発症した愛猫てんちゃんの命を助けたい!ご支援お願いしますc57

 

はじめに、てんの定期血液検査の結果報告をさせていただきます。前回気になっていた眼圧もギリギリ正常値におさまり、ブドウ膜炎も目視では気にならないほどに回復を見せてくれています。

採血中もおとなしくお利口にしてくれたので注射も短時間で済みました。毎日の投薬を頑張ってくれているおかげもあって数値が安定してきました。体重も前回の経過報告時の3.2㎏より微増し現在3.5㎏まで大きくなってくれています。

 

てんの治療にはGSタブレットを服用しています。食欲が戻り体重増加で力がついてくると、錠剤を嫌がり暴れたり口に入れても器用に舌で押し出したりされ、決まった時間になるとてんを抑える係と薬を口に入れる係とわかれ2人がかりで悪戦苦闘していました。注射器のような経口投薬補助の器具も購入してみましたが無理やり押し込むと口の中を傷つけてしまいそうでなかなか上手くいきませんでした。

投薬を続けるにあたりコツを掴んできたのか、てんが良い意味で諦めてくれたのか、1人でも毛布でくるむとおとなしくしてくれるようになり、サプリと合わせて4錠を1~2分で終えることができるようになりました。まだまだ闘病生活が続くので投薬を時短にすることで少しでもてんの負担とストレスの軽減になればと工夫しています。

検査結果を薬を処方していただいている先生に検査結果や経過の報告をしたところ、体調面も現状問題ないことを踏まえGSタブレットの錠数が3錠から2.5錠になりました。減薬による体重の減少にはしばらく注意が必要ですが、これだけFIPの症状に効果を出す強い薬なので、てんの体の負担が少しでも減ることを願っています。

錠数を減らすことには成功しましたが、それでもプロジェクトの達成には依然厳しい状況が続いています。家族やご支援いただいている方とも相談し、プロジェクト期間延長の選択を取らさせていただきました。てんの治療を完遂させるため、お願いばかりで申し訳ございませんがご理解いただけると幸いです。みなさまの支えがあってこその活動です。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です