9/15 FIP闘病猫てん 経過報告(血液検査結果)

9/11土曜日にパルボでお世話になっていた病院にて血液検査をしていただいた結果が届きました。

生化学検査、白血球分類(α1AGの結果も載っています)、蛋白分画となり、γグロブリンはまだ高いようですが、FIP発症時の検査結果と比べるとa1AG、TPの値が改善しています。

当のてん自身は薬が効いていることもあり、食欲も旺盛になってきたり、家中を駆け回っては兄妹で鬼ごっこやプロレスをしたりと、FIP発症前の日常を取り戻しつつあります。パソコンで作業をしていると、わざわざキーボードの上を我が物顔で軽快にタイピングしながら喉をゴロゴロ鳴らして遊びに来てくれるようにもなりました。投薬前はすこしのごはんを食べて寝るを繰り返すだけで私たちに関わろうとせず、ひとりの時間を部屋の隅で過ごすことが多くなっていたので、こうした日常生活での変化は検査の数字以上に喜びを実感できます。

インスタやTwitterでも多くの応援のお声をいただきみなさまのあたたかさに日々感謝です。しっかりと治療を継続していき、まずは錠数を減らせることを目標にしていこうと思います。てんともども応援のほどよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です