活動報告② 兄妹猫もFIP発症してしまいました

いつもワルツの治療への応援・ご支援いただきありがとうございます

インスタグラムをご覧の方はご存知と思いますが、タイトルのとおり兄妹猫のソナタもFIPを発症してしまいました。

 

84日間のワルツの投薬期間が終わり経過観察も順調で一安心していたところで、ワルツと同様元気がないように思えたので受診し、FIPと診断されました。かかりつけ医では兄妹で発症することはあまりないケースなのですが…という事で家族一同目の前が真っ暗になりました。

 

はじめは改善の症例もあるカビの薬(抗真菌薬)を服用していましたが、ある日突然ご飯を食べなくなり足もふらつくようになりました。

保護主さんに報告したところ病院を紹介していただける事になったので家族と相談して新薬での治療を開始することにしました。

 

2匹目のFIP治療を始めましたが、お恥ずかしい限りではありますが治療費を全て自分たちで賄うのは厳しい状況です。

運営の方とも相談させていただき、現在のワルツの治療プロジェクトを2匹分へ変更し、終了期間を1ヶ月延長させていただく事を了承いただきましたので、プロジェクトの更新をさせていただきたいと思います。(資料も提示済です)

 

まだまだ長い2匹の猫生を終わらせたくはありません。身勝手なお願いであることは重々承知しておりますがご支援を何卒お願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です